2024年1月2日(火)に放送されるお正月の風物詩『とんねるずのスポーツ王は俺だ!!』。

25年目を迎える2024年も、石橋貴明&木梨憲武が日本のトップアスリートたちと真剣勝負を繰り広げる。

「バスケットボール対決」には、勢いに乗る男女日本代表選手が集結。豪華すぎるメンバーがスーパープレーを連発する。

◆日本代表選手がスーパープレー大連発!

今回が3度目となる「バスケットボール対決」には、2023年8月に沖縄で開催された「FIBA バスケット ボールワールドカップ 2023」で躍進、見事自力でのパリ五輪出場権を獲得した男子日本代表と、2024年2月に行われる最終予選でパリ五輪への出場を目指す女子日本代表の面々が集結。

石橋貴明率いる“石橋ジャパン”には、男子日本代表キャプテン・富樫勇樹選手、「タカちゃん」の愛称で知られるジョシュ・ホーキンソン選手、日本人離れしたフィジカルを持つディフェンスの要・原修太選手、女子日本代表のムードメーカー・宮崎早織選手、日本代表の頼れる大黒柱・髙田真希選手、そして俳優界からは満島真之介が名乗りを上げた。

一方の木梨憲武率いる“木梨ジャパン”には、W杯での活躍で日本中を虜にした河村勇輝選手、迫力満点のダンクで知られる馬場雄大選手、抜群のフィジカルを誇るオールラウンダー・吉井裕鷹選手、八村塁選手の弟・八村阿蓮選手、そして「人生の夏休み」を終え現役復帰を果たした馬瓜エブリン選手が参戦。

前回のリベンジに燃える河村選手は「去年は満足いく結果ではなかったので今年こそは」と静かに闘志を燃やす。

そして初参戦となる宮崎選手は「エブリンと戦えるのが楽しみ」と同世代のエブリン選手にさっそく宣戦布告する。

また、MVPに贈られる豪華賞品が発表されると、選手たちは「ほしい!」「狙います!」と大興奮。

のっけから日本代表選手の本気スイッチがオンになり…。

◆ディープ3P対決で奇跡が!

両チームの代表選手による「スキルズチャレンジ」では、スーパープレーが続々。

エブリンvs宮崎の“ライバル対決”では、「かかってこい!」と挑発するエブリン選手に宮崎選手が「ぶっ潰してやります!」と爽やかに応戦富樫。

富樫選手vs河村選手の“日本代表司令塔対決”では、富樫選手が驚異のスピードに対抗し、河村選手がまさかのダンクを?

また、「変則3ポイントリレー」では、コーナー、45度、正面に加え、角度のないゴール裏からのシュートにも挑戦することに。

難易度の高いゴール裏から、はたして何本決めることができるのだろうか?

ほか、「スペシャルマッチ」は、富樫選手と河村選手によるジャンプボールでスタート。

富樫選手の3P、ホーキンソン選手のダンクなど男子W杯戦士たちがスーパープレーを連発する。

最後の最後まで、勝敗がわからない白熱した展開が繰り広げられることになる。

まさにW杯のような、手に汗握る勝負の行方から目が離せない。

そして、センターラインからシュートを放つ「ミラクルディープ3ポイント対決」では、過去2回、ミラクルシュートをエブリン選手が決めている。

今回は“あの選手”がミラクルを? はたしてその選手とは?

◆選手たちは「みどころ満載」と大満足!

収録を終えた選手たちを直撃すると、「年々盛り上がりを実感しているので、バスケの勢いを皆さんにお伝えできたらなと思って頑張りました。どのゲームも白熱した戦いでした」と髙田選手が自信をのぞかせる。

エブリン選手も「“ゆうき対決”があったり、女子の中でも私と宮崎の対決があったり、日頃“どっちが強いんだ!?”と思っていることに決着がつくと思います」とニヤリ。

さらに、八村選手が「日本代表の豪華なメンバーが集まったので見ごたえ十分!」とコメントするなど、2度目、3度目の参戦となる選手たちが“例年以上の盛り上がりになった”と口々に語った。

そんななか、初参戦のホーキンソン選手は、「僕は試合中にダンクもしました!」と、自分のプレーをアピールしつつ、突然“キャスター風にPRする”と宣言し、「Make sure you do watch sports king!! 絶対見てね!」と、笑顔で締めくくった。

一方、3年連続出場で毎回大活躍の満島は「男女ともに代表選手が来てくれて、同じコートでゲームをしたり、絡んでいる姿を見るだけで胸アツです!」と、豪華メンバーが集結したことに胸いっぱいの様子。

「選手の大きさや跳躍力、プレーのスキルがハンパないです。この番組を見ると、今後試合を見る意識が変わってくると思うので、僕もまだまだ盛り上げていきたいと思います!」と熱く語った。

そして、『スポーツ王』のホスト・とんねるずも、勢いに乗るバスケの日本代表選手たちとの対決を全力で楽しんだよう。

監督として“石橋ジャパン”を率いた石橋は、パリ五輪を決めた男子日本代表、そして2024年2月の最終予選でパリ行きを目指す女子日本代表の面々を、「エッフェル塔の前で集合!」と鼓舞する。

一方、木梨は、「今回も男子と女子のトップ選手の皆さんのゲームを目の前で見たり、勝手にコートに入って試合に参加してみたり、本当に幸せでした(笑)」とニッコリ。

とんねるずをはじめ、参加した誰もが口を揃えて「みどころ満載!」と自信を見せたバスケットボール対決に注目だ。