アンタッチャブルとサンドウィッチマンがMCを務める『証言者バラエティ アンタウォッチマン!』。

11月28日(火)の同番組に、ねづっちが登場。意外なところで活躍している現在の姿に密着した。

2010年に謎かけネタで大ブレイクしたねづっち。「ととのいました」というフレーズが流行語になるなど、一躍大スターになった。

ブレイクのきっかけは『アメトーーク!』だったそうで、1年間休みがなくなるほどの忙しさだったという。

しかし、ブレイクの翌年に仕事が激減。その後コンビを解散しピン芸人に。

当時について、ねづっちは「コンビを解散する前後1年くらいが1番キツかった」と振り返る。

そんなねづっちが実は今、ブレイク全盛期を超える盛り上がりを見せているそう。

番組では、ねづっちがある高校の芸術鑑賞会に出演する様子に密着。700人以上の学生の前でネタを披露すると、まさかの大歓声が沸き起こった。

女子高生たちがノリノリで“ねづっちポーズ”をする光景に、アンタッチャブルの山崎弘也も「JKにウケてんの!?」と驚きの声を上げていた。