2024年新春に放送されるテレビ朝日開局65周年記念 松本清張 二夜連続ドラマプレミアム第一夜『顔』。

後藤久美子×武井咲が初共演にしてW主演で挑む同作は、これまで幾度となく実写化されてきた名作を脚本家・浅野妙子の手で現代版へとアップデート。武井演じる“覆面アーティスト”井野聖良と後藤演じる殺人犯を目撃した弁護士・石岡弓子が、追いつ追われつのサスペンスを展開する。

そんな今作に、前田拳太郎と駒木根葵汰が出演。『仮面ライダーリバイス』、『機界戦隊ゼンカイジャー』でヒーローを演じた2人の俳優が、一転して“超絶ゲス男”を演じる。

◆リベンジポルノ、DV…前田拳太郎演じる究極ゲス男

2021年に放送された『仮面ライダーリバイス』で五十嵐一輝/仮面ライダーリバイ役に抜擢され、ドラマ初主演を務めた前田拳太郎。その後、劇団EXILEに加入し、ドラマ、映画、舞台と活躍の幅を広げてきた。

そんな前田が今作で演じるのは、武井咲演じる井野聖良の“元カレ”で同じ事務所に所属する駆け出しの俳優・森尾亘。かなり嫉妬深い性格で、聖良のことも自分の意のままにしようとする束縛男だ。

デビューを間近に控えた聖良から別れを切り出されると逆上し、あろうことか聖良のあられもない姿を撮った動画を武器に聖良を自分のもとに引き留めようとする。

リベンジポルノにDV…ゲスい男の総決算のような森尾亘という人物に、「今までに演じたことのない役で、役作りにはかなり苦戦しました」と前田。聖良の人生を大きく変えることになる男をどのようにゲスく演じきるのか。

◆不良グループのリーダー役に駒木根葵汰

そして、2021年にスーパー戦隊シリーズ『機界戦隊ゼンカイジャー』で主人公の五色田介人/ゼンカイザーを演じた駒木根葵汰。彼が演じるのは、不良グループのリーダー・和田友彦だ。

石岡弓子(後藤久美子)の娘・紗由美(吉柳咲良)が裸にさせられている写真を入手した和田は、それをネタに弓子に金を払うよう脅す。その動画は思いもよらぬ者の手にわたり、さらなる波紋を呼ぶことに…。

演じた駒木根本人ですら「他人だったら嫌だなぁ。と思うほど心の内が分からない人間」と評する男、和田友彦。この男が物語にどんな波乱を巻き起こしていくのか、その“不愉快極まりない行動”に注目だ。