本日12月8日(金)、相葉雅紀主演ドラマ『今日からヒットマン』の第7話が放送。いよいよ物語は最終章に突入する。

前回の第6話のラストシーンでは、フードを目深にかぶった謎の大男・マンモス(武蔵)が登場。

“影”と呼ばれる凄腕のヒットマン・カトウ(矢作マサル)を一撃で撃ち抜くほどの技術をもつ、今作の最強の敵だ。

また第6話では、スーパー戦隊シリーズ『機界戦隊ゼンカイジャー』(テレビ朝日系)の主演・駒木根葵汰がイメージを一新する金髪姿で、闇の組織“コンビニ”のアルバイト・キンパツを熱演。

最後には機転を利かせて十吉(相葉雅紀)を救う場面も見られたが、「いい仕事してましたね!」「ちょっとアホそうだけどww肝心な時にキメてくる感じが愛らしくて可愛らしかった♪」など、SNSで“キンパツ”がトレンド入りをはたすほどの盛り上がりに。

ダメダメな十吉の部下・山本照久(深澤辰哉)とともに劇中のコメディ要素を担い、ちなつ(山本舞香)とも息の合ったやり取りを披露した。

はたしてキンパツは、無事に十吉の弟子となれるのか?

◆闇の組織“コンビニ”にライバル登場!

第7話では、十吉とちなつ、キンパツがある組織に集金に出向くも、ひょんなことから十吉が“ロシアンルーレット”をやるハメに。

また、“コンビニ”にライバル組織が出現。その創設者とは、あのアゴ(岩永ひひお)だった。

“100均”と呼ばれる組織には、強敵・マンモスも在籍。“コンビニ”vs“100均”の全面戦争が勃発する。

マンモスにやられたカトウに続き、ついには丸メガネ(筧利夫)も拉致されることに。はたして抗争の行方は?

そして、マンモスの魔の手が十吉の家族にまで。妻の美沙子(本仮屋ユイカ)、息子の百太(木村優来)が窮地に? そのとき、十吉は…。

今作最大のピンチを迎え、最終回を目前に物語はさらに加速していく。

もちろん今回も、ヒットマンとサラリーマンとの狭間で右往左往する十吉の姿も見られる。

しかし、今までとは少し違い、山本が新たな一面を披露。いったい何が?