1月31日(水)の『徹子の部屋』に、中尾ミエ&伊東ゆかりが登場する。

今もなお第一線のステージで活動を続けている歌手の中尾と伊東。

伊東は11歳のときに『クワイ河マーチ』、中尾は15歳のときに『可愛いベイビー』でデビューした。

黒柳徹子との仲も長きにわたることもあり、丁々発止のトークに花が咲く。

1979年にそれぞれが初登場したVTRを見ながら歌手活動を振り返る。

さらに最近の暮らしぶりについても明かす。

また、“49年目突入ウィーク”を祝して特別にスタジオでザ・ピーナッツの『スターダスト』を披露する場面も。

デビュー当時からの阿吽の呼吸で、素敵なハーモニーを響かせる。