毎回紹介されるお手軽ですぐにマネしたくなるお料理レシピが大人気の『家事ヤロウ!!!』。

放送に合わせてレシピや家事の情報が更新される公式Instagramは、じつに286万人以上(2024年1月時点)のユーザーにフォローされています。

1月30日(火)の『家事ヤロウ!!!』では、料理家で食育インストラクターの和田明日香さんが登場し、企画「和田明日香VS炊飯器 35分一本勝負」が放送されました。

ごはんが炊き上がるまでの35分間でテーマにそった料理を作り上げるというこの企画。今回は、“大根1本丸々使い切りレシピ”に挑戦しました。

その中で、時短でも染みる「ブリ大根」のレシピをご紹介しましょう。

※大根の下の部分(全体の下2分の1)を使用します。

まず、大根を2cm幅で輪切りにし、皮を剥き半分に切って。

【POINT】ピーラーで角を取って味染み◎&煮崩れ防止

米(小さじ1程度)、水(大根が浸るくらい)、出汁昆布を入れて8分〜10分程度、電子レンジ(600W)でレンチンし水を切っておきましょう。

【POINT】米のデンプンでアクが抜けやすく甘みアップ! レンチン下茹でで約10分の時短に

※茹で汁は煮汁に使うので取っておきます。

水分・臭みを吸収し旨みを凝縮してくれる「カシニーナピチット」(キッチンペーパーでも可)にぶりを並べ、塩をまんべんなくふって5分おいて。ぶりから出た水分は拭き取ります。

フライパンに米油をひき、ぶりに米粉をまぶして皮→表面の順序で焼き、表面が焼き固まったら一旦取り出してください。

【POINT】米粉で煮崩れ防止! 身が固くなるので焼きすぎ注意!

ぶりを焼いた同じフライパンに(酒大さじ3)、みりん(大さじ3)、しょう油(大さじ3)、砂糖(大さじ1.5)下茹でした大根、昆布出汁(大根に少し浸るくらい)を入れて蓋をし中火で10分煮ます。

大根に出汁が染みたらぶりを入れて火を止め、蓋をして余熱で馴染ませてください。

ぶりに出汁が染みたら皿に盛り付け、残った出汁を3〜4分煮詰めてかけたら完成です!

通常、味を染み込ませるために20分ほどの下茹でが必要なブリ大根ですが、ちょっとしたテクニックで時短に!

忙しい日でも簡単に作れるので、みなさんもぜひ試してみてください。