2月5日(月)の『徹子の部屋』に、大空眞弓と安奈淳が登場する。

大空と元・宝塚男役トップスターの安奈は、46年の長きにわたる友人同士。

出会いは舞台『屋根の上のヴァイオリン弾き』での共演だ。

当時、銀幕の大スターだった大空は、舞台は初心者で勝手がわからず上演中に右往左往。それをサポートしたのが、舞台経験豊富な安奈だった。

そんな安奈は50代のとき、膠原病で余命3日と宣告されたことがあった。

幸い一命は取り留めたものの、その後10年ほどは入退院を繰り返す生活に。

そのとき、励みになったのが大空の存在だ。

大空は58歳から9度のがんを経験。闘病を語る大空の明るさに、安奈は勇気をもらったと語る。

大空は3年前に息子夫婦とともに石垣島に移住。石垣島での暮らしぶりを明かす。