鈴木おさむによる地上波連ドラ最後の脚本作、土曜ナイトドラマ『離婚しない男―サレ夫と悪嫁の騙し愛―』。

同作のABEMA・TVerをはじめとする第1話の見逃し配信は、テレビ朝日歴代全番組で最速となる15日間で580万再生を突破(5,826,167再生 ビデオリサーチにて算出 期間1月21日−2月4日)。

第2話も8日間で340万再生を突破(3,458,740再生 期間1月28日−2月4日)するなど大きな話題となっているなか、2月3日(土)放送の第3話も、配信からわずか1日で100万再生に迫る数字(968,523再生 期間2月4日)を出し、第1〜3話の再生数合計がついに1000万再生を突破した。

主人公のサレ夫(不倫サレた夫)・岡谷渉(伊藤淳史)が、自宅ソファの上で情事を始める妻・綾香(篠田麻里子)と不倫相手・司馬マサト(小池徹平)をソファの下に隠れて撮影する衝撃シーンや、綾香とマサトとの500円玉を用いての“セクシャルな視力検査”。

さらに、回想シーンでは篠田麻里子がセーラー服&華やかなアイドル衣装姿を披露。ゲストとして鈴木おさむが脚本を手掛けた話題作『M 愛すべき人がいて』(2020年/テレビ朝日系)でヒロイン・アユを演じた安斉かれんが登場するなど、第3話も見応えたっぷりの内容。

TVerでは、第1〜3話まですべてランキング1位を獲得している。