かまいたちがMCを務めるABEMAオリジナルバラエティ番組『かまいたちの笑賭け(わらいがけ)』(ABEMA SPECIALチャンネル)。

2月9日(金)放送の同番組では、山内健司が披露した“奇跡の一芸”で観客を沸かせる場面があった。

©AbemaTV,Inc.

#6では、最後の“笑賭け”チャレンジとして、1000人の観客全員を笑わすことができれば、カジノの軍資金となる賞金が一気に手持ちの3倍となる大勝負が登場。

その内容は、数あるモノの中から1つ選び、そのアイテムのみで10分間ひたすら笑いを取る“モノボケ”だと明かされると、ストイックなルールにメンバー全員が戦慄する。

チャレンジャーを決める話し合いでメンバーたちが顔を見合わせるなか、「行こうか」と山内が挙手。相方の濱家隆一は「目バキバキや(笑)」と緊張する山内の肩を叩いて緊張をほぐし、ステージへ送り出す。

ボウリングピン、サングラスなどのモノボケアイテムが並ぶなか、山内は「1つに見せかけて、“杵・臼・台車”と3つアイテムがある」という理由で餅つき道具をチョイス。

幾多のステージをこなしてきた山内は、手慣れた様子でモノボケを繰り広げ、順調に観客を笑わせていく。

しかし700人まで数字を伸ばしたところで、勢いがピタリとストップ。苦悶する山内に対し、濱家が「いいよ。目がキマってきてる。限界超えてるよ」とエールを送ると、山内は意を決した様子で息を吐き、横に倒した臼の上に乗って器用に転がしながら進む姿を披露する。

自ら「俺こんなことできるの?」ときょとんとするなか、運動神経の良さに注目が集まる山内の“奇跡の一芸”に、観客たちは拍手喝采。

見事観客全員の笑いをかっさらい、海外カジノの軍資金として「677万1千円」もの大金をゲットすることに成功した。

©AbemaTV,Inc.

メンバーたちは「おめでとう」「スゴいよ」「素晴らしい」と山内の健闘を称えると、この大団円に濱家の目には光るものが…。

気を取り直して、「お前がやってたのは、モノボケではなく大道芸や」と濱家らしいツッコミを入れ、笑いのステージのフィナーレを締めくくっていた。