アンタッチャブルとサンドウィッチマンがMCを務める『証言者バラエティ アンタウォッチマン!』。

2月13日(火)の同番組に、紅しょうが(熊元プロレス、稲田美紀)が登場。稲田が13年間にわたって“泣きぼくろ”を描いていることを明かした。

『女芸人No.1決定戦 THE W 2023』で優勝を飾った紅しょうが。

番組では、東京で活躍する先輩芸人・かまいたちがVTRで登場し、紅しょうがの魅力を分析した。

かまいたち濱家によると、稲田には「お前、なんやねん」とツッコみたくなることがあるらしく、「自分のことを“いい女”だと思ってる」そう。

これを受けて、相方の熊元は「“いい女”ぶってるなと思うのは…」と切り出すと、「(稲田に)泣きぼくろがあるんですけど、これずっと描いているんですよ」と暴露。

稲田も「13年描いている」と明かすと、「ここが一番いいというバランスを自分で見つけて、毎日、休みの日も描いています。大きさを変えたりとかもする」と語った。

さらに稲田は「『THE W』の日は少し大きかったの気づいてくれないんですか? 女子ってそういうところがあるんです。気づいてほしいんです」と冗談混じりに話していた。