かまいたちがMCを務めるABEMAオリジナルバラエティ番組『かまいたちの笑賭け(わらいがけ)』(ABEMA SPECIALチャンネル)。

2月16日(金)、同番組の#7が放送された。

©AbemaTV,Inc.

今回は、かまいたちを筆頭とする“笑い”と“金”に侵された芸人たちが、1000人の観客を笑わせて獲得した賞金677万1千円と一攫千金の夢を抱いて、大勝負の舞台となる韓国の地に乗り込んだ。

かまいたちの2人は5年ぶりの海外ロケとなったものの、韓国での滞在時間はわずか5時間しかなく、入国後早々にカジノ施設へ移動することに。

そんな芸人たちのために、軍資金をさらに増やせるチャレンジを用意。カジノ施設に向かう道中で、韓国の人たちを笑わせるごとに賞金をゲットできる挑戦を実施した。

まずは韓国のお笑い事情を探ると、韓国人エージェントは「お笑い番組が少なくなっていて、お笑い芸人よりもYouTuberのほうが売れている」と先行き不安な回答。さらには「韓国人は笑いに厳しいと思う」と意見が飛び出すと、芸人たちの顔色が曇る。

©AbemaTV,Inc.

日本語が通じない3組の韓国人を相手に、日本から持参した小道具を駆使して笑わせるチャレンジがスタート。

若者3名と対峙し、濱家隆一はお面、山内健司はヘリウムガスの小道具を使った鉄板ネタ、とろサーモンの久保田かずのぶは「深海魚が口から卵を産む瞬間」という奇天烈なネタで勝負するも、無表情で微動だにせず…。

さらに、“韓国っぽいネタ”を披露するも空振りに。日本では百戦錬磨の芸人たちはしだいに弱気となり、見取り図の盛山晋太郎は「思ったよりも笑わないから、ネタを思いついても前に出られなくなってきた…」と怯んでしまう。

©AbemaTV,Inc.

そんななか、「ミュージックスタート!」と掛け声とともに、ゆりやんレトリィバァが颯爽と登場する。

韓国で流行中のコメディソングにあわせて、世界的オーディション番組『America’s Got Talent』でアメリカ人の笑いをかっさらった星条旗水着姿でダンスを披露すると、韓国の人たちは思わず吹き出し、一気に2人を笑わせることに成功。

メンバーたちは「これが世界」「さすがワールドワイド」「ナイスゆりやん!」と絶賛し、世界的コメディアンの実力を見せつけた。

©AbemaTV,Inc.

ゆりやんが韓国人を笑わせた賞金をあわせると、カジノの軍資金は685万円に。

「これはスゴいよ!」と大盛り上がりする一方で、言葉の壁や文化の違いによって“スベってしまった”印象ばかりが残ってしまったメンバーたちは肩を落とす。

思った通りの展開にならなかった山内は「めっちゃ運気が下がった気がする…」とカジノでの大勝負を心配し、濱家は「『考えてきたネタ、全部ウケへんやん!』ってなって、もう出せなかった」と落胆の声を上げていた。