本日2月22日(木)放送の『楽しく学ぶ!世界動画ニュース』は、「世界やりすぎ映像大賞」と題した2時間スペシャル。

ゲストコメンテーターに井森美幸、『マルス-ゼロの革命-』出演中の板垣李光人を迎えて放送される。

まずは、娘にドッキリを仕掛けた父に“天罰”が下る動画や、プールサイドでイチャつくカップルに図らずも“冷や水”を浴びせることになってしまった男性の爆笑映像が登場。

スタジオはのっけから大盛り上がりとなる。

パラグライダーの男性インストラクターによる大胆チャレンジ動画では、男性がソファに座りながら、パラグライダーで大空を飛行する。

命綱をつけていないにもかかわらず、まるでリビングにいるかのようにソファでくつろぎながら上空を飛ぶ様子に、「マジで!?」「これはスゴイ!」とスタジオ一同驚き。

アメリカで人気の筋肉系YouTuberによる“やりすぎ筋トレ動画”も公開。

筋トレと柔軟運動を組み合わせたそのトレーニングはまるで少年漫画の超人キャラクターを地で行くかのように現実離れしており、「えーー!?」「スゴすぎる…」と一同あ然。

井森も「見ているだけで自分の股関節がどうにかなってしまいそう…」と驚きを隠せない。

◆パルクールのスゴ技に鳥肌!

また、思わずヒヤヒヤしてしまうやりすぎ動画も多数ラインナップ。

気球につられたトランポリンで空中アクティビティを楽しむ男女や、命綱なし&素手で高層ビルを登る“都市登山家”の動画にはスタジオも固唾をのむばかり。

さらに、パルクールの“やりすぎスゴ技映像”も登場。

これはビルの屋上から5メートルほど離れたビルの屋上へ横宙返りでジャンプするという怖いもの知らずのチャレンジだ。

この衝撃動画を見た板垣が「みんな命がけで生きているんですね。自分の日常はあまりに安定しすぎているかも…」と驚きの表情でつぶやくと、MC・小峠英二から「いやいや、俳優さんなんですからいいんですよ!」とツッコまれてしまう。

◆なぜかクセになる集団行動映像

さらに、子どもや動物のやりすぎ動画もふんだんに紹介する。

3歳の息子がママの仕掛けたドッキリに大人顔負けの神対応を見せる動画や、エサに夢中で皿に顔を突っこむあまり、後ろ足が浮いてしまった子犬のかわいい姿をはじめ、巨匠・ヒッチコックの恐怖映画『鳥』を彷彿とさせる衝撃映像などが飛び出す。

このほか、スタジオ一同が大ウケしたのが、見た人を虜にすると話題の中国の集団行動映像。

集団行動といえば、団体で移動したり列を変えたりしながら美しい動きを披露するパフォーマンスを指す。

だが、この集団行動映像は「これ、誰がやろうって言いだしたんだろう…。パフォーマンスはスゴイけど、意味がわからない!」と小峠が首を傾げるほど不思議な“クセ”に満ちており、板垣も「これ、家に帰ってからも見ちゃいそう…」とドハマりした様子。

いったいどんな集団行動なのか?

動画の合間のトークでは、テーマにちなんで板垣が“最近、やりすぎちゃったこと”を告白。

大河ドラマの現場でやりすぎてしまい、監督に怒られたこととは?