かまいたち(山内健司、濱家隆一)が“ガチ”でいろいろなことに挑戦していく『かまいガチ』。

2月21日(水)の同番組では、企画「それがここやねん!」が放送。山内から若手時代、当時の彼女に浮気がバレそうになった苦い経験が語られた。

大阪の街を歩きながら、まさにその場所にまつわるウラ話を披露していくこの企画。今回は見取り図(盛山晋太郎、リリー)、アキナ・山名文和がゲストとして登場し、知られざるエピソードが連発した。

大阪市浪速区を訪れた5人。ここは山内が芸人になったばかりのときに住んでいたエリアだという。

当時について、「付き合っていた彼女と違う子が家にいるときがあった」と切り出し、「あれは浮気やった」とあっさりと認める山内。さらに、修羅場を迎える事態に発展したそうで…。

というのも、浮気中の山内のもとに、朝の8時ごろいきなりチャイムが鳴り、「彼女が家に来た」とのこと。

突然の出来事に「どうしよう」と大慌てしたものの、彼女は合鍵をもっていなかったため、しばらくしたら帰ってくれると期待。しかし、「1時間くらい経ってもその子は帰らなくて…」と振り返る。

さらに、その日は朝9時半に「なんばグランド花月」(NGK)で出番があったそう。

入り時間が迫るなか、彼女が待ち構える玄関から出られず、追い詰められた山内は「ベランダから隣のマンションの非常階段に飛び移って」と衝撃の行動に。

そして、玄関に靴を取りに行ってしまうと覗き穴からバレてしまうと考え、「裸足でNGKに向かって走って…」と強行突破。なんとか彼女と対面することなく、自宅から脱出することに成功した。

ところが、裸足で劇場に入るわけにはいかず…。山内が走っていた通りはたまたま靴の問屋街だったため、無理を承知である靴屋に入り、「すみません、1足だけ買わせてもらえないですか?」と頼み込んだ。

その店は一足だけでは売っておらず、一度は断られてしまったが、「お店の人が俺の足元をちらっと見て、『ほな、売らなあかんやん』って言って」(山内)と回顧。結局、スニーカーを一足、卸値の880円で売ってもらえたと明かす。

このロケでそんな思い出の靴屋を訪れた一同。当時のことを知る店員はいなかったが、濱家が「ざっくり言うと不倫がバレそうになった」と経緯を説明すると、山内は「不倫と浮気は全然違う!」と必死に訂正した。