本日2月24日(土)、『サンドウィッチマン&芦田愛菜の博士ちゃん』と『池上彰のニュースそうだったのか!!』の2度目となるコラボスペシャルが放送される。

大人が舌を巻くほどの探究心を持つ博士ちゃんと“ニュース解説の達人”池上彰が、再び“知識と知識の激突”を繰り広げることに。

3時間半ひっきりなしに互いの知識が披露され、その学びの多さにサンドウィッチマンと芦田愛菜は圧倒されると同時に感動する。

◆池上彰、航空写真博士ちゃんと名ビルめぐり!

豪華企画2本立ての今回、前半は池上彰が“航空写真博士ちゃん”鈴木陽心くん(18歳)と東京の空と陸から昭和の名ビルをめぐってW解説していく。

戦争や震災、経済危機など幾多の危機を乗り越えてきた名ビルから、東京の激動の100年や、現在に至るまで成長してきた背景、そして未来の姿が見えてくることに。

ロケ冒頭では、陽心くんは憧れの池上のことを「ガチの天才」「知識の王様」と称して緊張する一方、池上も「どんな話になるのか楽しみ」と期待を寄せる。

そして、顔を合わせた直後から2人は早くも知識をぶつけ合いエンジン全開。

まずはヘリに乗って東京の上空からW解説をスタートする2人だが、上空ではさらなる白熱した知識合戦の様相を見せることに。

湾岸エリアでは、W解説からここが急成長を遂げた理由が明らかになっていくほか、豊洲を象徴するビルが見えると陽心くんが池上も知らなかったある知識を披露し、池上は「なるほど!大したもんだね」と感心。

一方、品川エリアでは、品川駅誕生にまつわる知識を池上が解説すると、博士ちゃんは「初耳ですね!」と驚く。

止まらぬ知識の応酬に、陽心くんの緊張もすっかり解けて、年の差55歳の2人はすっかり意気投合。

ほかにも霞が関や銀座エリアなどを上空からめぐりながら、あふれ出る知識を披露する2人に、サンド&芦田は「おもしろい!」「勉強になる!」と感激する。

◆銀座のランドマークにも特別潜入!

地上に降り立ち、丸の内や銀座、日本橋エリアの名ビルめぐりでは、阿佐ヶ谷姉妹も参戦する。

東京駅からスタートすると、早くも池上と陽心くんのW解説がノンストップで繰り広げられ、東京駅に隠された激動の歴史や意外と知らない東京駅の役割など続々と明かされていく。

矢継ぎ早に出てくる2人の知識に最初は感心していた阿佐ヶ谷姉妹も、「ラップバトルじゃないので!」と困惑しだし、やがてスタジオにいるサンド&芦田に助けを求めることに。

そんなことも気にせず、池上と陽心くんは、東京が国際都市として発展を遂げるためにひと役買った帝国ホテルや、大都市・東京誕生の鍵となった東京国際フォーラムなどの背景も解説。

さらには、銀座のランドマークでもあるSEIKO HOUSE GINZA(旧 銀座・和光本館)では、陽心くんの「時計塔を間近で見たい」という夢が叶い、特別に潜入させてもらえることに。

普段は誰も自由に入れない禁断の場所は、一体どうなっているのか?

ロケを終えた池上は、陽心くんの博識ぶりに感心すると同時に、これまであまりいいイメージがなかった東京に、「『新しい建物が建つことで街が変化し、街が生きている』ということを教えてもらいました。東京は魅力的な街なんだと、あらためて気づきがありましたね」と語っていた。

◆鋭い質問に池上も驚く!

後半では、池上が博士ちゃんたちに、いま知っておくべき「宗教」、そして子どもたちに伝えたい日本の発展の礎となった「昭和」を徹底解説する。

大人顔負けの知識や探求心を持つ博士ちゃんたちは、疑問や主張を池上にぶつけていくのだが、池上は「怖いですね〜」と戦々恐々。

「宗教」のテーマでは、「日本人の宗教観はなぜこんなに自由なの?」「日本では宗教の話をするのがタブーな雰囲気なのはなぜ?」「世界はなぜ宗教同士で争うの?」などの博士ちゃんたちの疑問に、池上がわかりやすく解説していく。

そんななか、ある博士ちゃんからは宗教のお金に関する鋭い質問が投げかけられ、池上は驚きのあまり笑ってしまい、サンドも「よく知ってるね!?」とその質問の背景にある博士ちゃんの知識に脱帽。

ただ、さすがは池上解説。その丁寧な説明で誰よりも先にサンドが「なるほど!わかりやすい!」と反応し、博士ちゃんも納得した様子。

また、「昭和」のテーマでは、時代を追いながら変わりゆく日本を解説していくが、博士ちゃんからとんでもない質問が飛び出し、一同は大爆笑。

さらに、「日本の景気が悪いのに、なぜ昭和35年の所得倍増計画と同じことをしないのか?」と難度の高い質問も投げかけられ、伊達が思わず「何をおっしゃっているんでしょうか?」と聞き返す場面も。

ほかにも、昭和のバブル期の驚きの実態を、サンドと芦田が芝居で再現する。