2月28日(水)の『徹子の部屋』に、林家正蔵が登場する。

正蔵は15歳のときに“昭和の爆笑王”こと父・林家三平さんに入門した。

還暦を過ぎた今も、年に600〜700の高座に上がっているという。

息子2人も落語家の道に進んだが、息子たちが落語家になるとは思っていなかったと胸の内を吐露する。

1984年、21歳のときに結婚し、今年で結婚40年を迎えた。

妻は姉の友だちの親戚ということもあり、人生をほぼ一緒にすごしている。

子どもが生まれた頃は仕事が忙しく、育児は妻任せだった。

子ども3人を育て、母の面倒も見てくれている妻には頭が上がらないという。

現在は三世代で同居している正蔵。

同居生活の心得や、円満の秘訣を明かす。