かまいたちがMCを務めるABEMAオリジナルバラエティ番組『かまいたちの笑賭け(わらいがけ)』(ABEMA SPECIALチャンネル)。

2月23日(金)放送の最終話では、かまいたちらが笑いで稼いだ賞金“685万円”を、韓国のカジノ施設で全額ベットする一世一代の大博打に打って出た。

©AbemaTV,Inc.

まずは、個人戦で挑むルーレットと大金を動かすバカラに挑戦。

ルーレットでは紆余曲折ありながらも、濱家隆一と見取り図の盛山晋太郎の活躍で所持金を755万円まで増やすことに成功する。

あまりにもガチすぎる真剣勝負の数々に、とろサーモンの久保田かずのぶは「大きい声を出したらアカン空気になってきたな…」とドギマギ。盛山も「『オーシャンズ11』みたいな空気になってきた」と息をのんだ。

©AbemaTV,Inc.

そして、所持金を大胆に賭けるバカラ5番勝負が開幕する。

最初のゲームで濱家が400万ウォンを賭けようとすると、相方の山内健司は「日本円だと40万円ってこと?100万円いこう」と猛プッシュし、初戦から1000万ウォンをベット。見事勝利し、勢いそのままに次のゲームでは2000万ウォンを賭けて連続勝利に成功する。

“所持金1億ウォン”が現実味を帯びてくると、芸人たちは「マジでヤバイ」「興奮してきた」と騒然。この流れに乗って、濱家がさらに賭け金を積み上げようとすると、久保田は「熱くなりすぎてるって。悪いクセが出てる。何年も一緒におるからわかる」と、撮影を忘れたかのように真剣に制止する場面も。

©AbemaTV,Inc.

その後も、笑いを忘れてカジノに没頭する芸人たちの姿が…。プレイヤーとバンカーのどちらに賭けるか意見がわかれると、盛山は「いま、ビッグウェーブが来てるんですよ。その波に乗るだけ。ギャンブルはサーフィンと一緒なんです」とドヤ顔で主張。

この言葉に、濱家は「盛山、わかるよ。波が来てるときは行かなアカンからな」とそのまま受け止め、他の芸人たちもとくにツッコミを入れずに固唾をのんで見守るなど、異様な空気が場を支配する。

©AbemaTV,Inc.

順調に勝利を重ねていき、ついに所持金は“1億ウォン”を突破。

わずか10分程度で莫大な金額が動くさまに、久保田は「Yahoo!ニュースじゃなくて、共同通信に載るぞ。もう世界に向けて」と震えあがる。

そして、ついに最終ゲームを迎えると、このカジノ施設で賭けられる上限金額となる“8000万ウォン”を全投入することに。

©AbemaTV,Inc.

かまいたちの自身最高額となる賭け金に、山内は「800万円賭け!?」と目が点となり、濱家は「カモン!」と絶叫。他のメンバーたちも「人生で見たことない数字」「今日寝られへんぞ」「奇跡の動画になる」と緊張と興奮を隠せない。

勝てば2億ウォンもの大金を獲得、負ければ一瞬で水の泡となるこの大勝負。ついに迎えた“笑賭け”の結末に、視聴者からは「脳汁ドバドバ」「これぞギャンブルの教材番組」「最高で完璧なエンディング」と、メンバーたちとともにヒリつく様子と衝撃の声が寄せられていた。