本日4月12日(金)、長嶋一茂と高橋茂雄(サバンナ)が路線バスを使って寄り道旅を楽しむ人気企画『ザワつく!路線バスで寄り道の旅』の第14弾が放送される。

今回は中山秀征、ウエンツ瑛士、王林、槙原寛己の4人をゲストに迎え、“ぐんま大使”である中山がオススメする“群馬グルメを食べつくす旅”を繰り広げる。

◆ウエンツ瑛士がまさかの“パスタいらない宣言”

最初に訪れたのは、高崎市内にある大注目のイタリアンレストラン。

中山によると、群馬県は人口10万人あたりのイタリア料理店の数が全国トップクラスで、高崎市は“パスタのまち”として知られているのだとか。

今回中山が選んだのは、今高崎でも人気沸騰中のイタリア料理店で、一行はひとりずつ好みのパスタを注文していく。

ところが、王林と同じメニューを高橋が頼もうとすると、中山と一茂が「今、同じものって言った?」とすかさず反応。

昭和、平成、令和のテレビ界を生き抜いてきたレジェンド・中山は「“画”が違うものがほしいのよ。“かぶり”は、いらないのよ。今のテレビはそれでいいの?」と辛口アドバイス。

そのやりとりを聞いていたウエンツは大困惑のあまり「…僕、パスタいらないです。だって怖いんだもん」と遠慮する。

結局、あれもこれも食べたい一行はそれぞれが頼んだ激うまパスタをシェアして大満足。

さらには知る人ぞ知る名物スイーツも堪能するが、この極上スイーツをきっかけに一茂がプロ野球現役時代の大失敗“暴言事件”を激白。

当時スポーツ紙を騒然とさせたその事件の真相とは?

◆詰め放題で王林が最高記録を達成!?

次の目的地は、群馬が誇るこんにゃくをテーマにした体験施設“こんにゃくパーク”。

ここでは、1コインで楽しめる飲むゼリーの詰め放題に挑戦する。

王林が意外な才能を発揮し、過去最高記録を出すミラクルが。

さらには、こんにゃく料理の食べ放題にも一同は大興奮。

種類の多さに「スゴイ! ぜんぶ無料なの?」「おいしい!」「これ酒のつまみになる!」などと大騒ぎする。

◆“じゃんけん”に一茂が恨み言!

続いては、中山の地元・藤岡市にあるオススメの道の駅を訪れ、おなじみのメンバー・槙原寛己と合流。

この道の駅の中には、銘柄豚や名物和牛など極上肉がズラリと揃う“肉の駅”があり、一行は群馬県産の極上肉を爆買い。

すったもんだの末、“じゃんけん”で誰が会計を担当するか決めることとなるが、思わぬ結果に一茂が「おもしろくもなんともないじゃん! どうしてくれるのよ!?」と高橋に詰め寄る展開に。いったい何が起きたのか?