主人公・春田創一(田中圭)とおっさん乙女部長・黒澤武蔵(吉田鋼太郎)、ドSイケメン後輩・牧凌太(林遣都)の三角関係を軸に“この春いちばんピュアな恋愛ドラマ”を展開し、日本で大旋風を巻き起こしている『おっさんずラブ』。

同作の人気の旋風が、海をも越えていた!

©テレビ朝日

『おっさんずラブ』は現在、韓国・台湾・香港でも2日〜約1週間遅れで配信中。第6話が放送された5月26日にはTwitterの世界トレンドで1位を獲得した本作だが、この3つの地域も例に漏れていない。各プラットフォームで今クールにおける日本ドラマの視聴数ナンバーワンに輝き、猛烈な人気を博している。

特に韓国では、現地テレビ局「JTBC」の報道番組でも取り上げられるほど絶大な人気を誇る日本のドラマ『孤独のグルメ』を凌ぐビュー数(単話あたり)を記録し、圧倒的ナンバーワンの座を射止める話題沸騰ぶり。春田が誰と結ばれるのか予想合戦もネットで繰り広げられ、韓国では「#どうせ彼氏は部長」「#どうせ彼氏は牧」というワードまで流行りだしているそう。

また、『おっさんずラブ』を配信している台湾のプラットフォームでも、日本のドラマコンテンツ最高値の84.7万ビューを記録。いずれの地域でも回を重ねるたびにSNSやネットで大反響があり、視聴数も激増するなど、ブームを巻き起こしている。(※本文中のビュー数に関する情報は、5月31日時点のもの)

◆田中圭、PR映像で完璧な韓国語&北京語&広東語を披露!

そんな『おっさんずラブ』人気と並行し、韓国・台湾・香港では主演・田中圭の人気も上昇。イケメンなのに顔芸がスゴいと評判で、瞬く間に現地版Wikipediaにも項目が作られるなど、今もっとも勢いのある日本人俳優と言っても過言ではない。

そして、実はいま、そんな田中の日本未公開映像が韓国・台湾・香港で流れ、人々のハートを鷲掴みにしている。

それは、韓国語・北京語・広東語――各地域の公用語で田中が挨拶する『おっさんずラブ』のPR映像だ。田中は韓国語・北京語・広東語を一瞬で暗記し、カンペを見ずにカメラ目線でコメント。一発OKだったという。指導の先生も「完璧!さすがプロは違う!」と太鼓判を押す現地語を披露し、芝居だけにとどまらず、語学の面でも勘の良さを発揮した。

◆『おっさんずラブ』ついに最終回!直前にはAbemaTVで過去話を配信

世界中で愛される『おっさんずラブ』も、本日6月2日(土)についに最終話を放送! その直前、午後5:30〜午後8:40には、AbemaTVで第3話〜第6話をまとめて配信することになった。

一挙配信で過去の物語を復習しておけば、最終回でもっともっと心が跳ねるはず! 6月2日は、多くの人にとって『おっさんずラブ』の世界に肩まで浸かる1日となりそうだ。