4月26日(金)、平成最後の放送となる『ミュージックステーション』では、平成の大ヒットソングを豪華アーティストが披露する。

©テレビ朝日

AKB48は、指原莉乃が卒業前最後の出演。初センターを務めた『恋するフォーチュンクッキー』のほか『私だってアイドル!』も披露する。HKT48メンバーも登場し、総勢65名でのラストパフォーマンスは必見だ。

そして上白石萌音は、自身出演、杉野遥亮×横浜流星共演の映画主題歌で最新シングルの『ハッピーエンド』を、ジャニーズWESTは小瀧望出演ドラマの主題歌『アメノチハレ』を披露する。

King Gnuは、坂口健太郎主演ドラマの主題歌として話題になった『白日』をテレビ初披露。ストリーミング週間再生数ランキングで7週連続TOP3入りした人気曲に注目だ。

また、3回目の登場となるジェジュンは、中島みゆきの名曲『化粧』をカバー。槇原敬之は、平成でもっともヒットした名曲『世界に一つだけの花』をセルフカバーで披露する。

Little Glee Monsterは、昨年のヒット曲『世界はあなたに笑いかけている』を披露。さらに、平成のヒット曲『だんご3兄弟』を特別にカバーする。

なおVTR企画では、「もう一度見たいラストステージング」をランキングで発表。惜しまれながら解散した人気グループの解散当日のMステパフォーマンスや、豪華アーティストのラストライブの様子など、思わず感情が溢れ出るような歴史的瞬間の貴重な映像が続々登場する。