テレビ朝日系列では、10月に福岡県北九州市で開催される『世界体操・世界新体操』を独占放送!

2021年も松岡修造がメインキャスターを、Hey! Say! JUMP・知念侑李がプレゼンターを務め、4度目のタッグとなる2人が息の合ったかけあいで熱き戦いを伝えていく。

そしてこのほど、Hey! Say! JUMPの新曲『Sing-along(読み:シングアロング)』が同大会のテーマソングに決定!

知念だけでなく、Hey! Say! JUMPメンバー全員が歌で大会を盛り上げる。

◆新エース・橋本大輝やキング・内村航平らが躍動!

体操・新体操日本代表にとって東京オリンピック・パラリンピック後、日本で開催される最初の世界大会となる『世界体操』&『世界新体操』。

両大会がひとつの開催地で連続開催されることは史上初。『世界体操』の日本開催は2011年東京大会以来10年ぶり、『世界新体操』は2009年の三重大会以来12年ぶりとなる。

東京五輪で団体銀メダル獲得に貢献し、なんといっても個人総合史上最年少での金メダル、種目別・鉄棒でも金メダルを手にしたニュースター・橋本大輝や、東京五輪の種目別ゆかで銅メダルを獲得し体操日本女子史上初の個人メダルを手にした村上茉愛、そして開催地・北九州市が生まれ故郷の“キング”内村航平ら、史上最強の「体操ニッポン」勢が世界の頂点を目指す姿を追いかける。

また、東京五輪では表彰台はかなわなかったものの、世界新体操4大会連続メダルを獲得している“フェアリージャパン”が世界一を目指す。

◆知念侑李が初振付!Hey! Say! JUMPが選手たちを鼓舞

テーマソングのタイトル『Sing-along』は、“みんなで一緒に歌うこと”を意味する言葉。

「勇気を繋ぎ合わせて/夢へと向かう僕らは/愛の輪っかを/くぐり抜けて光になる」というポジティブな歌詞でハンドクラップとともにはじまるこのナンバーは、選手たちはもちろん、コロナ禍で目標を見失いがちなすべての人々を勇気づけてくれるミディアムテンポの“応援歌”だ。

そして、この振付の一部を知念がはじめて担当! 子どもから大人まで踊って楽しいダンスに仕上がっている。

なお『Sing-along』は、9月12日(日)『サンデーLIVE!!』内で音源を初解禁する。

◆知念侑李(Hey! Say! JUMP) コメント

今回の僕らの新曲『Sing-along』は年齢問わず幅広くたくさんの方々に歌って踊ってもらえるような曲になっています!

応援歌になっていますのでみんなで歌って踊って『世界体操・世界新体操北九州2021』を一緒に応援できたらうれしいです!