6月12日(日)、新日本プロレス『DOMINION 6.12 in OSAKA-JO HALL』大阪城ホール大会が開催される。

メインは、オカダ・カズチカとジェイ・ホワイトによるIWGP世界ヘビー級選手権。オカダはIWGP世界ヘビー4度目の防衛戦として、BULLET CLUBのリーダーであるジェイを迎え撃つ。

ことの発端となったのは5.1福岡ドーム、内藤哲也から王座を守り抜いたオカダの前にジェイが登場した。するとジェイは、試合直後のオカダにブレードランナーを炸裂させると「このプロレス界は俺を中心に回っている!俺が次期IWGP世界ヘビー級王者だ!!」と猛アピール。

リング上をBULLET CLUBが完全占拠し、ジェイがベルトを掲げながらオカダを踏みつけると、さらに追撃のブレードランナーを見舞って完全KOに追い込んだ。

6.3日本武道館大会では、最初で最後の前哨戦が実現。試合後、ジェイはオカダを激しく挑発。ベルトを持ったオカダも応戦して、ロープを挟んで舌戦を展開した。

オカダは試合後、「お前が言ってること、まったく理解できないよ、ジェイ。だったら俺はもうバカでもいいよ。オマエがホントのバカなのか、ソーリー、ステューピッドか。それがどっちなのか、6月12日にわからせてやるよ」と迎撃予告。

ジェイは「俺が口に出したことはすべて現実になってきた。オカダ、オマエの時間もこれまでだ。IWGP世界ヘビー級のベルトは俺がいただく。そして俺が唯一無二で新・グランドスラムチャンピオン(5冠王)になる!」と自信の王座奪取宣言をした。

新日本の50周年を背負うと宣言しているオカダの前に立ちはだかった強大な敵。はたして勝負の結末は…。

◆CMパンクの負傷欠場で、AEW暫定世界王座をめぐる闘いが勃発!

さらに第6試合では、AEW世界王者・CMパンクの負傷欠場により、棚橋弘至と後藤洋央紀によるAEW暫定世界王座戦進出者決定戦が急遽決定。

勝者は6月27日(月)(※現地時間:6月26日(日))に行われる『AEW x NJPW: Forbidden Door』にて、新日本プロレス代表としてAEW代表のジョン・モクスリーとAEW暫定世界王者を懸けた試合に挑む。

◆豪華6大タイトルマッチの大阪城決戦!

そのほかにも今大会は、2022年上半期の総決算となるタイトルマッチが目白押し。

第9試合では、IWGP USヘビー級選手権試合3WAYマッチを開催。王者のジュース・ロビンソンが、ウィル・オスプレイ、そして眼窩底骨折で3月から欠場していた前々王者のSANADAを迎え撃つ。

しかし、その王者ジュースから大会直前に動画メッセージが。そこで「大阪城ホールには行かない」と試合を拒否し、来日しないことも明言。さらに大阪城ホール大会は「SANADA vs. オスプレイの“次期挑戦者決定戦”とでもしておけ」とメッセージを締めくくったが、はたして…?

第8試合では、タマ・トンガがカール・アンダーソンとNEVER無差別級王座を懸けて激突。第7試合では、『KOPW 2022』保持者の鷹木信悟が、前・保持者のタイチを相手にリマッチに臨む。

第5試合は、前IWGPタッグ王者のジェフ・コブ&グレート-O-カーン組が、新王者バッドラック・ファレ&チェーズ・オーエンズ組とのベルト奪還戦に挑む。第4試合は、NEVER無差別級6人タッグ選手権として、王者組“キング・オブ・ダークネス”EVIL&高橋裕二郎&SHOに、ザック・セイバーJr.&エル・デスペラード&金丸義信組がチャレンジ。

第3試合は、矢野通とドク・ギャローズがスペシャルシングルマッチで激突。第2試合では、『BEST OF THE SUPER Jr.29』を前人未到の3連覇、4度目の優勝はたした高橋ヒロムが内藤哲也&BUSHIとタッグを組み、エル・ファンタズモ&エース・オースティンとタッグを組んだIWGPジュニアヘビー級王者・石森太二と前哨戦となる6人タッグマッチに臨む。

そしてオープニングマッチでは、IWGPジュニアタッグ前哨戦として、田口隆祐&マスター・ワト&天山広吉が、TJP&フランシスコ・アキラ&アーロン・ヘナーレと6人タッグ戦を繰り広げる。