1972年3月6日にアントニオ猪木さんが旗揚げをした新日本プロレス。

それから50年たった2022年11月17日(木)、「新日本プロレス50周年記念 シンニチイズム ミュージックフェス」が東京・国立代々木競技場第一体育館で開催される。

オープニングは『ワールドプロレスリング』の歴代テーマ曲から始まり、新日本プロレス50年の歴史を彩ってきた名選手の入場テーマ曲を豪華ミュージシャンが生演奏。スクリーンにはその名場面の数々を映し出していく。

アントニオ猪木さんとともに戦ってきた藤波辰爾、長州力、武藤敬司、蝶野正洋、藤原喜明、山崎一夫といったレジェンドたち、さらに“燃える闘魂”を受け継ぐ現役選手たちが入場曲の生演奏とともに登場!

そして、新日本プロレスに参戦しアントニオ猪木さんと数々の名勝負を戦ってきた外国人選手たちの勇姿も、入場曲の生演奏とともにスクリーンでよみがえる。

そんな豪華フェスのラストの曲は、10月1日に亡くなった新日本プロレス創設者・アントニオ猪木さんの『炎のファイター〜INOKI BOM-BA-YE〜』。レジェンド、現役選手、アーティストが揃って“燃える闘魂”を心に刻む。

◆レスラー×ミュージシャンの異種格闘技セッション!

天龍源一郎の入場曲『THUNDER STORM』の作曲者・高中正義本人が生演奏!

さらに、印象的なギターのフレーズから始まる現役人気選手エル・デスペラードの入場曲『Aguja De Abeja』は、ジャズギター界を牽引し80年代には坂本龍一らと“カクトウギ・セッション”を展開した渡辺香津美が生演奏する。

そして、プロレス入場曲の中でも有名な歌入りの曲といえる2曲。

タイガーマスクの入場曲『おまえは虎になれ』を松崎しげるが熱唱!

獣神サンダー・ライガーの入場曲『怒りの獣神』は、“アニソン界の最強ユニット”angelaが担当する。

このほかにも、スタン・ハンセンの入場曲『SUNRISE』は、スペクトラムの西慎嗣本人が。ザ・ファンクスの入場曲『スピニング・トー・ホールド』は、日本のロック草創期の伝説的ロックバンドのクリエイションのギタリスト竹田和夫本人が実演。

さらに、ザ・ロード・ウォリアーズの入場曲ブラック・サバスの『IRON MAN』を筋肉少女帯の大槻ケンヂ。鈴木みのるの入場曲『風になれ』を中村あゆみ本人が歌う。

日本を代表するアーティスト、伝説的ギタリストが集結する奇跡の夜が実現する。

◆豪華トークコーナーで猪木さんへの想いを

この日のためのスペシャルバンドには、バンマスを務める元VOW WOWの厚見玲衣(キーボード)をはじめ、永井敏己(ベース)、大菊勉(ドラム)、日下部“BURNY”正則(ギター)に加えて、ゲストミュージシャンとして、元VOW WOWの山本恭司、世界的メタルバンドのギタリストであるマーティ・フリードマンなど豪華メンバーが集結する。

そして、藤波辰爾、長州力、武藤敬司、蝶野正洋、棚橋弘至、真壁刀義、鈴木みのる、ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポンの内藤哲也、SANADA、鷹木信悟、BUSHI、高橋ヒロムが出演し、レジェンドや現役選手たちによるこのイベントだけのスペシャルトークも!

入場曲への想い、入場へのこだわり、あの名場面の裏側、そしてアントニオ猪木さんとの思い出なども語る。