PRESIDENT Online 掲載

恋愛、結婚、離婚、再婚、婚活、浮気、不倫……。世は変われども、男と女のいさかいが尽きることはありません。行政書士・男女問題研究家の露木幸彦氏のもとには、日々、そんな泥沼状態から抜け出さんと多くの相談者がやってくる。その痛切なトラブルエピソードをシェアし、ぜひ他山の石、もしくは人の振りみてわが振り直していただきたい。

第1回目(前編・後編)のテーマは、「一線を越える」行為に対する男女の意識差。ちょっと背筋が寒くなる話です。

前編のあらすじは……都内在住の34歳メーカー社員がある婚活で32歳の派遣社員の女性と出会い、4回目のデートで初ベッドイン。しかしその後、女性の束縛が激しくなり、関係を切ろうとした男性に女性がさまざまな復讐をしかけてきた。

■男に逃げられた「32歳」の暴走が止まらない!

はらわたが煮えくり返るとはこのことでしょう。

彼女は竣太さんに総攻撃をしかけてきました。考えてみれば、商社の派遣社員の彼女も、これまでさまざま男女経験があったはずです。32歳となって、真剣に結婚相手を探そうと婚活パーティーに参加したのかもしれません。それだけにせっかく「いい人に巡りあえた」のに幸せが逃げていくのを、指をくわえてみているわけにはいかなかったのでしょう。

彼女はLINEでオブラートに一切包まない言葉の銃弾を次々に撃ち込んできました。

「エッチする気なんてないのに無理やり、ホテルに連れ込んだんでしょ。しらばっくれないで!」

▼「同意していないのに行われた性交渉」だと難癖

もちろん、性交渉はお互いの同意の下に行わなければなりませんが、今度は「同意していないのに行われた性交渉」だと難癖をつけてきた、と竣太さんは感じたそうです。

「ホテル2人きりで入れば、当然、彼女はそのつもり(性交渉をするつもり)なんだと決め付けていました」

竣太さんは当日のことをそう振り返りますが、「ホテルに行くことに同意した=性交渉に同意した」というのはあくまで竣太さんの目線です。一方、彼女の目線では「ホテルに行くことに同意したけれど、性交渉に同意していない」だから、絶対に自分が正しいという竣太さんの言い分はなかなか通りにくい。