PRESIDENT Online 掲載

韓国の平昌(ピョンチャン)冬季五輪が2月9日、開幕した。この冬季五輪には北朝鮮が選手団を派遣し、開会式では韓国との合同チーム「コリア」として入場行進をした。一方で、北朝鮮は8日に大規模な軍事パレードを強行。核・ミサイルの開発も続けており、国際的な非難を集めている。北朝鮮の狙いは何なのか――。

■異色ずくめのスポーツの祭典

韓国の平昌(ピョンチャン)冬季五輪が2月9日、開幕した。

韓国では1988年のソウル夏季五輪以来、30年ぶりの五輪開催だ。冬季五輪では史上最多となる92カ国・地域から約3000人の選手が出場する。

そこで「平和なスポーツの祭典でのトップアスリートたちの活躍に大いに期待したい」と書きたいところだが、今回の冬季五輪はかなり違う。異色ずくめなのだ。

なぜならば核・ミサイルの開発をやめない北朝鮮が年頭に突然、五輪に選手団を派遣すると表明したからだ。この北朝鮮の表明に対し、韓国が歓迎の意を表し、北朝鮮の参加の準備がどんどん進んだ。一方で北朝鮮は五輪直前の8日、朝鮮人民軍創建70年を記念する大規模な軍事パレードを強行した。

新聞各紙も2月9日付の社説で平昌冬季五輪と北朝鮮をテーマにしている。そのなかでも朝日新聞は「金正恩氏の妹の訪韓」に焦点を絞り、東京新聞は問題の「軍事パレード」にポイントを置いている。ともに他紙の社説を尻目に平昌冬季五輪の実態をよく描いている。

■雪解けを演出し、対外イメージの改善を狙っている

朝日社説はタイトルに「金正恩氏の妹」、見出しに「訪韓を説得の機会に」と掲げ、こう書き出す。

「きょう開幕する平昌冬季五輪にあわせ、北朝鮮が異例の人物の訪韓を伝えた。最高指導者・金正恩(キムジョンウン)氏の妹の金与正(キムヨジョン)氏だ」
「指導部内での序列や肩書では計り知れない存在で、正恩氏に直言できる唯一の人物とも言われる。開幕直前での衝撃的な通知は、五輪を機に韓国との雪解けを演出し、対外イメージの改善を狙っているのだろう」

事実上のナンバー2の訪韓に韓国政府も驚いたことだろう。最高指導者の女性の身内は、朝日社説が指摘するようにまさに雪解けの演出と対外イメージ改善にある。北朝鮮の外交手腕はたいしたものである。

沙鴎一歩は日本の戦国時代、織田信長が妹のお市の方を政略結婚に使ったことを思い出した。

朝日社説は「韓国国内の民族意識を高め、韓国と日米との間に風穴を開けたい。そんな思惑も透けて見える」とも指摘する。

「風穴」「思惑」、いまの北朝鮮にぴったりの言葉だ。