PRESIDENT 2017年2月13日号 掲載

医療費の負担を抑えるには、なにがポイントになるのか。「プレジデント」(2017年2月13日号)では11のテーマに応じて、専門家にアドバイスをもとめた。第10回は「歯科」について――。(第10回、全11回)

■成人の8割が、罹患している歯周病

「歯周病は万病のもと」が、新常識になりつつある。歯周病とは、歯肉と歯の根の部分(歯根)の間にある歯周ポケットから細菌が侵入、歯を支えている骨を溶かしてしまう病気。初期段階では自覚症状がないため早期発見・早期治療が難しく、成人の8割が罹患しているとされる。

放置すれば最終的に歯を失い、食べる楽しみを奪われる。それだけではない。「歯周病菌が放出する毒素が血流に乗って広がり、体のあちこちで微小な、慢性の炎症を起こす」。そう警鐘を鳴らすのは歯科医師で米国抗加齢医学会認定医の森永宏喜氏。その炎症が重篤な病気の引き金になるという。

例えば糖尿病だ。歯周病の病巣からTNF−αという物質が生じ、血糖値を下げるインスリンの働きを阻害する。そのほか動脈硬化、心筋梗塞、認知症、骨粗鬆症、関節リウマチなど、さまざまな病気のリスクが高まることが明らかになっている。

近年、歯周病とうつ病の関連も報告された。そもそも歯周病の原因は1ミリグラムあたり1億個もの細菌の塊である歯垢だ。代表的な歯周病菌であるジンジバリス菌を飲み込むと、腸内の細菌バランスが変化するという動物実験のデータもあり、腸内環境を悪化させるリスクが高い。人間の情動に作用する脳内の神経伝達物質の多くは腸内で作られる。「幸せホルモン」とも呼ばれるセロトニンもその1つ。腸内環境が悪化すると、その前駆物質5−HTPの生成が妨げられ、セロトニン不足に陥る。結果、イライラ、不安、怒りっぽいなどの情緒不安定を招くと考えられているのだ。