PRESIDENT Online 掲載

高級寿司店の経営者はどれくらいもうかるのか。月給の6割を寿司に費やし、この3年間に600万円分は食べた28歳会社員の「寿司リーマン」が、ある高級寿司店の大将に直撃した――。

■一流寿司屋は1食3万円もザラ

「値段がわからずお会計が怖い」「なんで1食3万円もするのか?」

一流寿司屋に対してこのようなイメージを抱く方は少なくないはずです。

わたくし、「寿司リーマン」と申します。月給の6割を投資し、平均週4回全国の一流寿司屋を食べ歩いている28歳のサラリーマンです。これまで一流寿司に投資した金額は3年間で600万円。累計10000カンの一流寿司を食べてきました。

私にとって一流の寿司屋とは、寿司を食べる場所ではなく、自己成長につながる場所、いわば「ビジネススクール」です。これこそが普通のサラリーマンである私が、時間とお金を投資し続けている理由です。

さまざまな角度から、「一流の寿司屋=ビジネススクール」という観点で、読者の皆さまにその魅力をお伝えできればと思っています。

今回のテーマは、「一流寿司屋のビジネスモデル」です。

「一流寿司屋の経営がどのように成り立っているのか?」「なぜ一流寿司屋は1食3万円もするのか」その正体を考察していきます。