現地時間9月17日、ジョージア州アトランタのステート・ファーム・アリーナでスマックダウンが開催された。

◆10・5キングストン対レスナーのWWE王座戦がスマックダウンで決定!

王者コフィ・キングストンと“野獣”ブロック・レスナーがWWE王座をかけて日本時間10月5日のスマックダウンで激突することが決定した。

オープニングでニュー・デイのメンバーと登場したキングストンはランディ・オートン&ザ・リバイバルと6人タッグ戦で激突。

お互いの意地がぶつかり合う激しい攻防を展開し、キングストンが因縁のオートンにSOSを決めれば、オートンはDDTからリバイバルと連携したスーパーRKOを狙った。

しかし、ビックEがオートンの足を引っ張って何とか回避すると、キングストンがトラブル・イン・パラダイスをドーソンに決めて3カウント。

見事に6人タッグ戦に勝利したキングストンだったが、試合後に突如“野獣”ブロック・レスナーと代理人のポール・ヘイマンが登場。

ヘイマンは「レスナーはFOXでの放送が始まる10月4日のスマックダウンでWWE王座に挑戦する」と王座挑戦を代弁すると、キングストンは「俺は闘う王者になるとファンに約束した。だからその挑戦を受ける」と王座戦を快諾。

するとこの決定を喜んだレスナーは握手を求めたふりをして近づくとキングストンに豪快なF5を叩き込むと、倒れ込んだキングストンにWWE王座ベルトを投げつけてリングを後にした。

WWE王座戦が行なわれるスマックダウンは日本時間10月5日(土)にJ SPORTSでライブ配信される。

©2019 WWE, Inc. All Rights Reserved.