ヒール対決を圧倒して見せたのはプロレス王だ。
 
30日、新日本プロレスはG1 CLIMAX30 Aブロックの4日目を後楽園ホールで開催。
鈴木みのると高橋裕二郎が対戦した。

レック Presents G1 CLIMAX 30
日時:2020年9月30日(水) 17:30開場 18:30開始
会場:東京・後楽園ホール
観衆:696人
 
曲者同士の試合は冒頭から場外乱闘に。高橋裕二郎間自らの杖で鈴木の首をしめあげる。さらに鉄柵を掴んでのスライディングキック。

リングに戻るとみのるを足蹴にする裕二郎。鈴木はもう一度場外に連れ出すとリング下からパイプ椅子を取り出し裕二郎に打ち付ける。更にはマイクのコードで首を絞めつけていく。

場外でのエルボー合戦ではみのるに軍配。倒れこんだ裕二郎に「来いよ来いよ来いよ」と促すみのる。リングに裕二郎が戻るやスリーパーホールドで締め上げていく。
 
みのるのランニングローキックを受け止めた裕二郎は側頭部にスライディングキック。腹にナックルと蹴りを入れたみのるは投げに行こうとするも裕二郎はフィッシャーマンバスターで切り返す。
 
インカレスラムを狙う裕二郎だがみのるはこれを阻止し、顔面に執拗に「来いよ」と蹴りを入れていく。これに激高した裕二郎は立ち上がり気持ちの入ったエルボー連発「来いよぉ」とみのるを挑発すると強烈な一発をお見舞いされる。

ロープに走ったみのるにカウンターのラリアットを入れるとマイアミシャインに行こうとするがするりと抜けられスリーパーを決めるみのる。トラースキックを側頭部に入れた裕二郎はピンプジュースの体勢に入るもこれをくるりと切り返されまたものスリーパー。
 
さらにゴッチ式のパイルドライバーを決めたみのるが鬼の形相で裕二郎を制圧した。

 ▼第2試合 30分1本勝負
「G1 CLIMAX 30」Aブロック公式戦
〇鈴木みのる vs 高橋裕二郎✖
(3勝1敗=6点) (4敗=0点)
7分53秒  ゴッチ式パイルドライバー→体固め
 
 
<バックステージ>

鈴木「(ジロリと睨みつけ)俺に喧嘩売んのは100年早えんだ、このクソガキ」

裕二郎「(バックステージに来るなり倒れ込んで)俺、負けたんだよな? 別によ、負けたことはよ……負けたことすら思い出せねえよ。あのエルボーか? スリーパーか? せっかくの俺の夏じゃなくて、秋の1ページ、鈴木のせいでよ、記憶がねえんだよ。そこだよ。そこが一番悔しいんだよ」

(写真提供:新日本プロレス)