新日本プロレスは21日、東京・後楽園ホールにて『Road to TOKYO DOME』を開催した。
この日は『Road to TOKYO DOME』後楽園ホール三連戦の初日を迎え、全6試合が行われた。

第6試合の結果及び試合後バックステージコメントを掲載。

Road to TOKYO DOME
日時:2020年12月21日(月) 17:30開場 18:30開始
会場:東京・後楽園ホール
観衆:594人

▼第6試合 30分1本勝負
BUSHI×
SANADA
内藤 哲也
vs
ディック東郷
“キング・オブ・ダークネス”EVIL
ジェイ・ホワイト〇
17分36秒 ブレードランナー→片エビ固め

▼試合後リング上でのマイク

EVIL「オイ、SANADA。キレてみろよ。オイ、キレてみろよ、この野郎、あぁ!? オメェがキレようとな、関係ねぇよ。潰すまでだ!」

ジェイ「EVILに拍手しろ。コーラクエン! ほらな、お前らは俺の言いなりだ。言われた通り拍手してるだろ。内藤、お前は俺じゃなくて飯伏と闘いたいのか。でも、忘れるなよ。もし、お前が飯伏に勝ったとしても、1.5で俺と闘うことは決まっている。俺は、1日目は試合をせずに休ませてもらうからな。よーく覚えとけ、内藤、EVIL、飯伏。それからお前らファンもよく覚えとくんだな。いまでもこの俺がトップだ! お前たちは俺が主役の新時代でスイッチブレードと呼吸するんだ」

▼試合後バックステージコメント

ジェイ「(IWGPヘビー&IWGPインターコンチベルトを掲げ)ベルトがよく似合うだろ。ほら、写真を撮れ。俺の腹筋はどうだ。髪型はどうだ? 試合を終えたばかりだから、ちょっとボサボサだろうがベルトがよく似合ってるだろ!それにしても(ベルトは)重いな。今日の後楽園ホールで何が起こった? プロレス界のレジェンドの帰還だ。新日本を制覇したあの男が戻ってきたぞ。SNSでもその話題で持ちきりだった。タイガーマスクのことを言ってるんじゃないぞ、俺だ! リングでも言ったが、今も俺がトップだ!」

外道「もちろん君がベストだ」

ジェイ「やっぱり外道は賢いな。EVILとディック東郷も少しずつ賢くなってきてるようだ。俺たちのチームワークはバッチリだっただろ。(EVILと東郷)お前たちはよくやってくれた。大阪で権利証は俺のものになった。1.5でブリーフケースと共に入場し、2本のベルトを巻いてリングを去る。相手が飯伏でも内藤のどちらでも関係ない。2冠王に輝くのはこの俺だ」


<写真提供:新日本プロレス>