新日本プロレスは5日、年間最大のビックマッチである『WRESTLE KINGDOM 15 in 東京ドーム』2連戦を開催した。

この日の第6試合のメインイベントはIWGPヘビー級・IWGPインターコンチネンタルダブル選手権試合として前夜に内藤哲也を撃破し新王者となった飯伏幸太と“挑戦権利証保持者”ジェイ・ホワイトが激突。

飯伏は『G1 CLIMAX 30』で優勝して“挑戦権利証”を獲得。しかし、11.7大阪大会での挑戦権利証争奪戦でジェイに敗北してしまったが、2冠王者の内藤哲也の指名で挑戦となり勝利、悲願のベルト奪取からの防衛戦であった。

昨夜勝利した際に「ジェイに勝って本当の神になる!」と宣言しており、48分超えの死闘をカミゴェで制して、IWGPヘビー級・IWGPインターコンチネンタル王座初防衛に成功した。

試合後にはSANADAがリングに登場すると「チャンピオン。こんなときだからこそ、 プロレス界の希望となるSANADAからの挑戦表明というギフト、受け取って いただけますか」と挑戦表明をすると、飯伏もこれを受諾した。

そして飯伏は「僕がいつも言ってる言葉があるのわかりますよね? 逃げない!負けない!諦めない!そして絶対裏切らない。そしてー! 本当の神になった!」と大会を締めくくった」

『WRESTLE KINGDOM 15 in 東京ドーム』
日時:2021年1月5日(火) 15:00開場 17:00開始
会場:東京・東京ドーム

第6試合 60分1本勝負
IWGPヘビー級・IWGPインターコンチネンタルダブル選手権試合
<IWGPヘビー級&IWGPインターコンチネンタルチャンピオン>
〇飯伏 幸太
VS
<チャレンジャー/挑戦権利証保持者>
×ジェイ・ホワイト
48分05秒 カミゴェ→片エビ固め
※飯伏が両王座の初防衛に成功

(写真提供:新日本プロレス)