ジャイアント馬場23回忌追善興行が2月4日、東京・後楽園ホールにて開催。この2月4日は、1982年にジャイアント馬場vsスタン・ハンセンの初シングルが行われた特別な日である。

1999年1月31日に61歳で亡くなった馬場さんの追善興行にはゆかりのある選手、OBなどが多く集まった。

大会の開催が発表された際に、主催の株式会社H.J.T.Productionmの緒方代表より、ジャイアント馬場の冠がつく興行はこれが最後となる旨が明かされており、来場や放送でご覧になる皆様に故人を深く偲んでいただけるような試合、追悼セレモニーを提供したいという想いで込められた大会となった。

オープンニングでは天龍源一郎氏が「本日はジャイアント馬場さんの23回忌追善興行にご来場、誠にありがとうございます。またテレビをご覧の皆様、ご視聴ありがとうございます。本日は選手たるもの必ず馬場さんが作った、明るく、楽しく、激しいプロレスを馬場さんに届けてくれることでしょう。馬場さん見ていてください。皆さんも天国の馬場さんに届くように精一杯、ご声援よろしくお願いします」と挨拶。

メインイベントで行われた6人タッグマッチでは、武藤敬司&諏訪魔&小島聡と天山広吉&カズ・ハヤシ& 河野真幸が対決。

普段はタッグを組む天山と小島が対戦するなどの注目の試合は、小島のラリアット、諏訪魔のバックドロップからの武藤のシャイニング・ウィザードで河野を沈めて武藤&諏訪魔&小島が勝利した。

試合後に武藤は「今日はオレにとって味方の選手も敵の選手も、みんないま闘うリングぜんぜん違う場所なんだけど、同じ釜の飯を食った仲間達で、本当に今、いい空間。心地いい時間だったよこれも一重に馬場さんのおかげだと思っています。馬場さん、ありがとう!」とコメント。

最後は馬場さんの遺影を持った、大会プロデューサーの和田京平名誉レフェリーとメインに出場した選手が記念撮影をして大会を締めた。

ジャイアント馬場23回忌追善興行
日時:2021年2月4日(木)開始18時00分 
会場:東京・後楽園ホール
観衆:

メインイベント6人タッグマッチ60分1本勝負
       〇武藤敬司   天山広吉(新日本プロレス)
(全日本プロレス)諏訪魔 VS カズ・ハヤシ(GLEAT)
(新日本プロレス)小島聡   ×河野真幸
(13分51秒 シャイニング・ウィザード→片エビ固め

セミファイナル ReOStaff株式会社PRESENTS タッグマッチ30分1本勝負
(新日本プロレス)〇永田裕志    鈴木みのる(パンクラスMISSION)
(全日本プロレス)青柳優馬 VS ×佐藤光留(パンクラスMISSION)
(12分23秒 バックドロップ・ホールド)

第4試合 ステーキハウス寿楽PRESENTS シングルマッチ30分1本勝負
 (新日本プロレス)BUSHI VS 青柳亮生(全日本プロレス)
(10分14秒 エムエックス→エビ固め)

第3試合ジャイアント馬場23回忌追善特別試合
 ジャイアント馬場 VS スタン・ハンセン

第2試合 大隅興業PRESENTS
ジャイアント馬場23回忌追善特別試合8人タッグマッチ30分1本勝負
   (全日本プロレス)〇渕正信    2代目タイガーマスク
          大仁田厚 VS  大森隆男(全日本プロレス)
(大日本プロレス)グレート小鹿     井上雅央
          越中詩郎     ×嵐
(8分55秒 首固め)

第1試合 ザ・リーヴPRESENTS 6人タッグマッチ30分1本勝負
 (みちのくプロレス)新崎人生     西村修
  (ドラディション)長井満也 VS アンディー・ウー
  (新日本プロレス)本間朋晃    アレハンドロ
(6分25秒 念仏パワーボム→エビ固め)

レフェリー
和田京平、レッドシューズ海野、西永秀一、神林大介

リングアナウンサー
木原文人、宮田充、阿部誠