新日本プロレスは2月11日(木)、広島・広島サンプラザホールにて『THE NEW BEGINNING in HIROSHIMA』を開催した。

メインではIWGP二冠を賭けて王者・飯伏幸太にSANADAが挑戦。

昨年のG1決勝戦でもハイレベルな攻防を展開し、あと一歩で敗退したSANADA。

前哨戦でも好勝負を繰り広げてきた両雄はついに迎えたこの日。

新日本プロレス出身ではない2人が頂点を賭けて激突する一戦という意味でも注目されたこの一戦は、テクニック、スピード、技の切れ全てが充実した名勝負となった。

序盤から一進一退の攻防を展開したが終盤に差し掛かるとSANADAが一気にスパート、掟破りのカミゴェを皮切りにやり投げを炸裂させ、まさかの断崖式TKOを決めると仕上げにラウンディング・ボディプレスを発射するも、ここは飯伏はヒザで迎撃。

何とかSANADAの大技攻勢を凌ぎ切った王者・飯伏は死力を振り絞ったカミゴェでついに勝利を奪った。

そして試合後、二冠統一に異を唱える前王者・内藤が現れ、二冠王座ではなくインターコンチ王座への挑戦を表明した。

各選手の試合後バックステージコメントも全文掲載。

『THE NEW BEGINNING in HIROSHIMA』
日時:2021年2月11日(木) 13:30開場 15:00開始
会場:広島・広島サンプラザホール
観衆:2,007人

<試合結果>

▼第7試合 60分1本勝負
IWGPヘビー級・IWGPインターコンチネンタルダブル選手権試合
<第73代IWGPヘビー級&第27代IWGPインターコンチネンタルチャンピオン>
飯伏 幸太 〇
vs
<チャレンジャー>
SANADA ×
(27分51秒  カミゴェ→片エビ固め)
※チャンピオン飯伏が2度目の防衛に成功
       
■試合後、内藤が現れインターコンチネンタル王座への挑戦を表明

内藤「飯伏、飯伏、いや、1月5日、東京ドーム大会で神様になられた飯伏幸太選手。次のタイトルマッチの挑戦者に立候補しに来たぜ、カブロン!た・だ・し、ただし、つい1カ月前に東京ドームで完璧に3カウントを獲られたわけで、またその2本のベルトに挑戦させろだなんてことは言わないよ。2本ではなく、1本、つまり今回は片方のベルトだけを懸けて、俺とタイトルマッチをしてもらおうか。俺が挑戦したいベルトは……インターコンチネンタル王座。その白いベルトに挑戦させてもらおうか。挑戦したい理由は簡単。“神様”飯伏幸太が掲げている2本のベルトを1本に統一したいというプランに反対だからだ。どうだ、飯伏?いやいやいや、どうですか、“神様”飯伏幸太選手。是非是非、神様のお声を聞かせてください」
 
飯伏「ああ、久々に言うけど、トランキーロ!しゃっべんなよ!次、インターコンチを懸けて、内藤哲也vs飯伏幸太が見たい人。拍手が多いみたいだから、やろうよ。俺はいつでもいいよ。日にちを決めてくださ〜い。どうぞ。ということで、次、インターコンチネンタル王座だけを懸けて、飯伏幸太vs内藤哲也が決まりました。僕はいつも言うように、逃げない!負けない!諦めない! そして裏切らない。今日は本当にありがとうございました! 広島サンプラザホーーール!」

▼試合後バックステージコメント

飯伏「(※イスに座るやテーブルに2本のベルトを置き、自身の手で立てかけるように示して)僕は、あくまでも、挑戦者は、選ばない。これは何度も言ってるから。そして、内藤哲也は、僕が何を言ってるのか、ちょっと……IWGPヘビー級、このベルトが欲しい。そうずっと言い続けて、初の2冠王者になりたいから、この2つのベルトを獲りたい。だから、二を一つにした方がいいなじゃないと、そう提案したんで。僕は2つに愛着があるんで。インターコンチ(ネンタル)も、中邑(真輔)さんと何度も防衛(戦の相手)をしてきたし、IWGPヘビーもいろいろ、AJだったり、棚橋さんだったり。こないだ(内藤とも)やったばっかりだし。まあ、それでも何度でも、誰とでもやります。そして、また新しい闘う相手が見つかりました。SANADAさん、何度でも、何度でもやろうよ。何度でもやりたいよ。何度もやりたいよ。本当はこのシリーズ、すごい楽しかったよ。いつも言うとおり、僕は逃げない、負けない、あきらめない。ただ、ただ、それだけです。ほんとに今日も、逃げなかったし、負けなかったし、あきらめなかった。そして次は、裏切らないから、絶対に。こうやってどんどんチャンピオンとして、僕は成長していきます。この二つのベルトの象徴になりたい。そしてこの二つのベルトを一つにしたい。それが僕の思いです。それは誰でもいい。(※遠くにザックの姿が見えたようで)ザックでもいい! 誰でもいいよ。挑戦待ってます。まずは内藤さんから」

−−2度目の防衛ありがとうございます。

飯伏「ありがとうございます」

−−まずSANADA選手についてうかがいたいんですが、終わった後に握手をしながら、何か声を掛けていたように感じたんですが、どんな話をしたんでしょう

飯伏「聞きたいですか? 多分もう、わかると思いますよ。彼はたぶん、そういう言葉は好きじゃないかもしれない。いろいろ、たぶん好き嫌いがハッキリしてるし、もしかしたら僕が思ってることが嫌いかもしれないし。話をしてないからよくわからないですけど、ま、SANADAさんは、ベビーフェースだろうと。なんか迷ってるように、僕は感じるんですよ、いつも。“本当に、そこでいいのか?”っていう。それを、結果を出してから、彼は結果を出してから次に行きたいっていうコメントを出してましたけど、僕はそうは思わなくて、もうどんどんどんどん、先に進んだ方がいいんじゃないかって。そういう言葉で、『こっち側じゃないか』っていう言葉が出てきたわけで。まあでも、言うのはこれが最後ですよ」

−−あとそれともう一つ、今シリーズは広島2連戦で、1日目のメインがジュニアヘビー級のタイトルマッチ、そして今日が2冠戦のタイトルマッチ。比べられるっていう話がありましたけど、どんな思いでいましたか?
 
飯伏「まあ、ジュニアはジュニア、ヘビーはヘビー。やっぱりジュニアとヘビーって、階級はやっぱり、本来違うものだと思うんです。なのでやっぱり、ジュニアはジュニアの試合、ヘビーはヘビーの試合、それを見せたかった。今日はヘビー級の思い試合を見せたかった。そのうえで勝ちたかった」

−−それと今回、あらためて内藤選手が目の前にインターコンチだけを求めてやって来た。これについてはもう、飯伏選手としては快諾ってことでいいですか?

飯伏「僕はもう快諾です。何ならもう決まったと思ってますけど。決まってないですか?」

−−まだ正式に発表はわかりませんけど……。

飯伏「でも僕がリング上で言ったんで、決まったんじゃないですか。そういうことではないんですか?」

−−内藤選手は統一という案に反対だという理由も述べてましたけど、その点についてはどう感じてますか?

飯伏「その理由も、僕はわかってて。やっぱり僕もインターコンチネンタル、今ベルトにすごい愛着があるし、IWGPヘビー級にもすごい愛着があるし。僕はやっぱり、白いベルトは中邑さんとずっと闘ってきた歴史があるし、このIWGPヘビー級はファンの時から大好きだった橋本真也選手(が)巻いてたベルトなんで。僕はどっちも愛がある。これは一つにした方が、絶対にいいベルトになる。もっともっともっともっと、価値が上げていけると思うんで」

−−飯伏選手は二つのベルトを一つにまとめたい。内藤選手はインターコンチなだけ挑戦ということは、二つのベルトをまとめさせない、バラバラにしておきたいという思いがあるんじゃないかという気がするんですが、そのあたりは感じてますか?
 
飯伏「はい、感じてます感じてます。彼の言ってることも全部わかったうえで、僕は一つにって言ってるんで。僕は気持ちでは負けてないです。そこはたぶん、内藤選手は気持ちで負けないと思いますよ。ずっとこの二つ、(内藤の思いは)どちらかというとIWGPヘビーじゃないですか、(IWGPヘビー級のベルトを)欲しいと思ってると思うんで、半分ちょっと、いたずらじゃないですけどインターコンチネンタルを選んだんじゃないかなと、そう思ってますよ。一言も『インターコンチだけ』ってことは僕は聞いてないんでね。聞いたことないんで。(※しばらくの沈黙の後)僕は逃げなかったし、あきらめなかったし……」

(※しばらく報道陣の様子をうかがって、なにも質問がないと感じるとゆっくり立ち上がす。そして自身の手で2本のベルトをゆっくりと両肩にかけると)飯伏「いやあ、最高ですよ。あと……いや、棚橋さん、解説にいましたよね。会いたいな……(※と言い残してコメントスペースをあとにした)」

SANADA「(※フロアに両ヒザを着いて)チャンピオンは、神だったよ。やっぱり、神と絡んでると、化学反応が起きて、すっごいワクワクするね。この先どうなるかわかんないけど、俺もあきらめてないから……」

内藤「リング上で言った通り、つい1カ月前に東京ドームで完璧にスリーカウント取られてしまったんでね。ま、簡単に『またそのベルトに挑戦させろよ』なんて言える状況ではなかった。でも、彼の言った『2本のベルトを1本に統一する』というプランには、俺はどう考えても反対だったわけですよ。ま、ただ、“そんなのヤダ、絶対反対だ”って思っててもね、思ってるだけじゃやっぱり誰にも何にも伝わらないんで、ここは行動起こすしかないでしょ。
だからこそ俺は、リングに上がりましたよ。この統一プランに関してさ、今日放送席にいたけど、棚橋弘至はどう思ったのかな? オカダ・カズチカはどうお思ったのかな? そのへん聞いてみたいよね。俺はやっぱり、反対かな。“統一してくれよ”っていう思いで、東京ドームで彼に2本のベルト渡したわけじゃないんで。まあ、ただ、チャンピオンベルトをどう扱おうが、それはチャンピオンの自由だと思うよ。俺もかつて放り投げてきたし、壊してきたしね。でもそれはチャンピオン、ベルト保持者の特権だから。どう扱おうと、チャンピオンの自由だから。だから飯伏のプランもいいと思うよ。ただ反対だと思うのであれば、行動を起こしてベルトを獲るしかない。
だからこそ俺はリングに上がった。まあそのあとのプラン、いろいろ俺の中で想像してるよ。いろいろ出来上がってるよ。ただそれは今この場で言うのはもったいないなあ。俺の携帯番号知ってるでしょ? このあと早いもん順だよ。俺に電話取材の依頼をしてきたらいいよ。ただしただし、俺は取材を受けるか受けないか、その答えはもちろん、トランキーロだけどね。昨日今日と2日間にわたって行われたこの、俺のホームである広島でのビッグマッチ2連戦、試合をしててやっぱり楽しかったし、気持ちよかったよね。でも、メインイベントで試合ができたら、昨日今日以上に楽しんで、俺はプロレスできるんだろうな。それを俺は、味わいたいわ。次の広島大会はいつか知らないけどさ、またいつかの広島大会、ビッグマッチのメインイベントでタイトルマッチする内藤哲也の姿を広島のお客様に、ホームである広島のお客様にお見せしたいんでね。まあ、その時を俺は楽しみにしてますよ。そして広島のお客様、その日が来るまで、トランキーロ! 焦らずに、そしてバリバリバリ楽しみに、お待ちください。アディオス」

<写真提供:新日本プロレス>