新日本プロレスは4月10日(土)、神奈川・横浜武道館で『Road to レスリングどんたく 2021』開幕戦を開催した。

メインは4vs4の時間無制限イリミネーションマッチでロス・インゴベルナブレス・デ・ハポン(鷹木信悟&内藤哲也&SANADA&BUSHI)vsUNITED EMPIRE(ウィル・オスプレイ&グレート-O-カーン&アーロン・ヘナーレ&ジェフ・コブ)が激突。

5.4福岡で行われるIWGP世界ヘビー級王座戦・王者オスプレイvs鷹木、そして4.26広島のスペシャルシングル・内藤vsオーカーン、SANADAvsヘナーレの前哨戦とあって両軍意地の攻防が繰り返された。

最後にリングで勝ち名乗りを受けたのはIWGP世界ヘビー級王座戦を控える挑戦者・鷹木信悟。

勝利を収めた鷹木は試合後のマイクで「オスプレイ、オマエはこの前の両国で、『ファースト、シンゴ。ネクスト、オカダ』……。次はオカダか。心配すんな!オマエは福岡で俺に叩き潰されるんだ。次はねえよ、コノヤロー!」と言い放った。

※全試合結果を掲載。

『Road to レスリングどんたく 2021』
日時:2021年4月10日(土) 16:30開場 18:00開始
会場:神奈川・横浜武道館
観衆:719人

▼第1試合 15分1本勝負
辻 陽太 〇
vs
ゲイブリエル・キッド ×
8分18秒  逆エビ固め

  
▼第2試合 20分1本勝負
上村 優也 ×
SHO
YOH
vs
鈴木 みのる 〇
金丸 義信
エル・デスペラード
13分08秒  逆片エビ固め

 
▼第3試合 20分1本勝負
DOUKI
ザック・セイバーJr.
タイチ 〇
vs
邪道 ×
タンガ・ロア
タマ・トンガ
11分56秒  聖帝十字陵


▼第4試合 時間無制限
イリミネーションマッチ
YOSHI-HASHI ×
石井 智宏
後藤 洋央紀
矢野 通 
棚橋 弘至
vs
外道
石森 太二
高橋 裕二郎
KENTA 〇
“キング・オブ・ダークネス”EVIL
23分13秒  オーバー・ザ・トップロープ
※KENTAの1人残りでBULLET CLUBの勝利


▼第5試合 時間無制限
イリミネーションマッチ
BUSHI
SANADA
内藤 哲也
鷹木 信悟 〇
vs
ジェフ・コブ
アーロン・ヘナーレ
グレート-O-カーン
ウィル・オスプレイ ×
23分21秒  オーバー・ザ・トップロープ
※鷹木の1人残りでL・I・Jの勝利

鷹木「来た来た来たー!!オスプレイ!最後のは効いたろ?ヘヘヘヘ。これで!大事な、大事な先手は俺がいただいた!
オスプレイ、オマエはこの前の両国で、『ファースト、シンゴ。ネクスト、オカダ』……。次はオカダか。心配すんな!オマエは福岡で俺に叩き潰されるんだ。次はねえよ、コノヤロー!それから、最近オマエ、口グセのようにレベルの違い、レベルの違いって言ってけど、いい機会だからハッキリ言っといてやるわ。オマエらUNITED EMPIREと、俺たロス・インゴベルナブレス・デ・ハポンは、ハッキリ言ってレベルが違うんだ、コノヤロー!そのレベルの違いは!今シリーズ、とことん見せてやるからな!ということで!俺の言いたいことは、以上だ!」
 
<写真提供:新日本プロレス>