DDTプロレスが7月15日、東京・新宿FACEで「Summer Vacation 2021 TOUR in SHINJUKU」を開催。DDT UNIVERSAL王者・上野勇希がダムネーションの“カリスマ”佐々木大輔から、またもや赤っ恥をかかされ、8月21日の富士通スタジアム川崎で王座を懸けて雪辱戦に臨むことが決まった。

 この日の第4試合で、上野は高鹿佑也と組み、佐々木大輔、高尾蒼馬組と激突。上野は序盤から果敢に攻め立て、佐々木にハーフネルソン・スープレックス・ホールドから、BMEを狙うも阻止された。すかさず、佐々木が急所蹴りから佐々木式ウラカンラナで丸め込み、3分59秒で3カウントを奪取した。

上野は6月10日、新宿での「KING OF DDT 2021」トーナメント1回戦で佐々木と対戦したが、急所攻撃が決定打となり、わずか1分51秒で敗北を喫しており、立て続けに佐々木に短時間で敗れる屈辱を味わわされるハメになった。

 怒りが収まらない上野は「なんでいつも正々堂々と試合してくれないんですか。そのキャリアにもなって急所蹴らないとプロレスできないんですか! 僕は情けないですよ。ただ何より自分が情けないですよ。僕とこのベルトを懸けて試合をしてください」と王者から逆アピール。

 佐々木は「上野、やめといた方がいいぞ。オマエはノアの清宮(海斗)選手に勝って、みんなから期待されて、会社から猛烈にプッシュされて、未来あるスターじゃないか。オマエの実力は分かってる。たいしたことないよな。普通にやったら俺みたいなロートルに負けて、恥かくだけだぞ。ベルトを懸けて闘ったら、俺が勝ってしまう。だからやめておけ」と発言。

 それでも、上野が「正々堂々やりましょう」と願い出ると、佐々木は「やってやってもいいよ」と承諾。今林久弥GMは8・21川崎で、このタイトル戦を組むことをアナウンスした。

 佐々木が「やるからには正々堂々やってやるよ」と言って、握手を求め、上野が応じると、またまた急所蹴りを見舞い、ベルトを強奪して退場した。

 ベルトを持ち去った佐々木はバックステージで、「やめておけって言ったけど、アイツがやるって言うから、やってやる。もうベルトが俺に寄ってきた。結果も見えてるから。俺はいつでも正々堂々だ。(急所蹴りは)正々堂々じゃないのか? でかい会場の方が俺は強いからな」と王座戦に自信を見せた。

 一方、上野は「痛い。急所蹴るのは織り込み済み。情けないですね。佐々木大輔の正々堂々は分かってますんで、今の結果は自分のせいです」と股間の痛みで悶絶し、防衛戦に不安をのぞかせた。


【大会名】Summer Vacation 2021 TOUR in SHINJUKU
【日時】2021年7月15日(木)
【会場】東京・新宿FACE
【観衆】191人(満員)

アンダーマッチ 15分一本勝負
○松永智充 vs 岡谷英樹●
6分29秒 ハンマーロック

オープニングマッチ DDTバラエティ班による暑中見舞い的タッグマッチ 30分一本勝負
男色ディーノ&×平田一喜 
vs 
大鷲透&アントーニオ本多×
9分15秒 無効試合
※収拾つかず

第二試合 30分一本勝負
遠藤哲哉&火野裕士&○マッド・ポーリー 
vs 
彰人&飯野雄貴&納谷幸男●
9分31秒 片エビ固め
※リバース・スプラッシュ

第三試合 30分一本勝負
樋口和貞&坂口征夫&○赤井沙希 
vs  
HARASHIMA&吉村直巳&中村圭吾●
10分41秒 ケツァル・コアトル

第四試合 30分一本勝負
●上野勇希&高鹿佑也 
vs 
佐々木大輔○&高尾蒼馬
3分59秒 佐々木式ウラカンラナ

セミファイナル DDT EXTREME級&アイアンマンヘビーメタル級両選手権試合〜ノーDQ・ノーサブミッションルール 60分一本勝負
<EXTREME級王者>●クリス・ブルックス 
vs 
<アイアンマン王者>青木真也○
17分32秒 ダイヤル固め
※クリスがDDT EXTREME級王座3度目の防衛に失敗。青木が第1514代アイアンマンヘビーメタル級王座防衛に成功するとともに第52代DDT EXTREME級王者となる。

メインイベント スペシャル6人タッグマッチ 30分一本勝負
秋山準&○大石真翔&岡田佑介 
vs 
竹下幸之介&勝俣瞬馬●&MAO
14分14秒 フジヤマ・ニーロック