新日本プロレスは9月18日(土)、大阪・大阪府立体育会館(エディオンアリーナ大阪)にて『G1 CLIMAX 31』の開幕戦を開催。

今大会ではAブロック公式戦5試合が行われた。

第4試合では矢野通とKENTAが対戦。

序盤からラフな展開へと持ち込む両者。

終盤、KENTAがテーピングを利用し、矢野を捕獲。

しかし一瞬のスキを突き、リングへ帰還。
 
そして急所蹴りからの丸め込みで勝利を奪った。

※試合後バックステージコメント全文掲載。

『G1 CLIMAX 31』
日時:2021年9月18日(土) 15:30開場 17:00開始
会場:大阪・大阪府立体育会館(エディオンアリーナ大阪)
観衆:1,963人

▼第4試合 30分1本勝負
『G1 CLIMAX 31』Aブロック公式戦
矢野 通 〇(1勝=2点)
vs
KENTA ×(1敗=0点)
11分07秒  KENTAの丸焼き

矢野「(※テーピングで結ばれた両手首を示しながら)見ての通り、見ての通り、君たちはこれを見て、負けたかもと思うかもしれない。だが、勝ったのは俺だ!獲物を丸焼きにしようとして、丸焼きになるのはお前の方だ、KENTA!」

KENTA「なにあれ?(※ビデオクルーに目をやって)太ってるヤツ、どこ行ったんだよ!? アイツいなきゃ、言い訳もできないだろうが! 特長ねえなあ、オイ! 太ってるわけでもない、やせてるわけでもない。……いいから、ちょっと座れ。(※フロアにあぐらを組んで)なにあれ? なんだあれ? 『G1』だぞ。お前、よく言っとくよ。これはもう、去年も言ったけど、最初の(出場した)『G1』、俺(開幕から)4連勝してんのに、そのあと知ってる? 5連敗、ハハ(苦笑)。だから意味ねえっつんだ。逆に、逆にダセエっつんだよ。普通2勝1敗、2勝1敗っていくのになんか、後味悪いっつうんだよ。印象悪いっつんだ。だから毎年言ってるけど、1勝、たかが1勝、たかが1敗……もう俺、そんなんに一喜一憂しないから。こっから、前も言ってるけど、楽しむだけだよ。な? 1試合1試合、楽しむだけ。な?次(の公式戦の相手)は、裕二郎? オイ、すげえじゃん。あいつ、どうした? 楽しみじゃん、次。アイツと(BULLET CLUBで)長くやってきて、こっち来てからやるようになって、知ってっから、アイツのこと全部。まあ、スキがあるとしたら……PIETERじゃないの? PIETER、久々の登場で、あれしちゃってるよ、テンション昂っちゃってる。前に出てきちゃう。裕二郎より前に出てきちゃう可能性あるから。その時だ、チャンスは。な?(※ゆっくり体を起こし、片ヒザを着いて)だからまあ、結局俺が、何言いたいかっていうと……開幕戦で一番ダメージあるの、ノドって何? ゴホン……」

<写真提供:新日本プロレス>