DDTプロレスが9月26日、東京・後楽園ホールで「Who's Gonna TOP? 2021」を開催。総合格闘家で、プロレスでも活躍する“バカサバイバー”青木真也が「RIZIN」に参戦経験もある堀田祐美子にタッグ戦で敗れた。DDT EXREME王者の青木は10月12日、後楽園で堀田の挑戦を受けることが決まった。

 同団体では今大会からアンダーマッチを強化し、この日は第1アンダーマッチから第1試合までYouTubeで無料生配信された。その第1弾として、青木、渡瀬瑞基組VS高木三四郎、堀田組の豪華カードが第2アンダーマッチで組まれた。

 堀田はチェーンを持ち出して渡瀬を攻撃するなどラフ殺法も全開。青木は堀田をスリーパーで絞め上げたが決められず。渡瀬のエルボーが青木に誤爆すると、堀田が青木をチェーンで殴り、ピラミッド・ドライバーを決めて3カウントを奪った。

 マイクを持った堀田は「青木、オマエのベルトに挑戦させろ! オマエ、結構強いんだってな。でもこのリングに上がったら大したことない。オマエには負けない」と挑戦表明。青木は「そんなことよりアンタはRIZINのギャラもらったのか? 俺は満額もらったぞ」と言うと、堀田は「私が負けたときに教えてやるよ」と回答。すると、青木は「大したもんだ。やってやろうじゃないか。 その挑戦受けて立ちます」と受諾。これを受けて、今林久弥GMが10・12後楽園でのタイトル戦を決定。EXTREMEのベルトを懸けて、男女「RIZIN」ファイター同士がDDTのリングでタイトル戦を行うことになった。

 青木は「嵐のようにやられて、嵐のようにチャンピオンシップが決まりました。やられそうだ。不安でしかない。(女性との対戦は)男女平等の時代ですから。いいんじゃないですか。(ルールは)考えてない。これから一生懸命考えます。(印象は)勢い、華があります。強いと思いました」と警戒。

 堀田は「(挑戦表明は)それぐらいやらないと。ベルトが見えたから。自分でチャンスをつかんでいかないといけないので楽しみです。(青木は)総合格闘技では強い人じゃないですか。なのに期待外れ。ガツンと行きますよ。ベルト巻いていろいろと・・・」とコメント。同王座戦は王者がルールを指定できるが、「プロレスのリングは何でもありだと思っているので」と気にする素振りは見せなかった。

 ここで、堀田のセコンドで帯同していた川畑梨瑚が高木三四郎に「10月12日、自分も試合がしたいです。DDTさん、上がらせてください!」と直訴。堀田は「DDTの大社長だぞ! 勝手に、そんなこと軽々しく言うな」といさめたが、高木は「ちょっと考えさせてください」と返答した。

【大会名】Who's Gonna TOP? 2021
【日時】2021年9月26日(日)
【会場】東京・後楽園ホール
【観衆】713人(超満員札止め)

第一アンダーマッチ〜エキシビションマッチ 5分一本勝負
△高鹿佑也 vs 石田有輝△
時間切れ引き分け

第二アンダーマッチ 15分一本勝負
●青木真也&渡瀬瑞基 
vs 
高木三四郎&堀田祐美子○
7分4秒 エビ固め
※ピラミッド・ドライバー

オープニングマッチ 30分一本勝負
○飯野“セクシー”雄貴&今成“ファンタスティック”夢人 
vs 
岡田佑介&岡谷英樹●
4分40秒 体固め
※セクシーラリアット

第二試合 終末のワルキューレ・コラボマッチ〜神vs人類〜 30分一本勝負
<神軍>○関本“ゼウス”大介&樋口“ベルゼブブ”和貞&納谷“スサノヲノミコト ”幸男&“アポロン”彰人 
vs 
<人類軍>勝俣瞬馬&上野勇希&MAO&中村“アダム”圭吾●withブリュンヒルデ
7分56秒 ぶっこ抜きジャーマン・スープレックス・ホールド

第三試合 高梨将弘DDT復帰戦 30分一本勝負
●高梨将弘&大鷲透&男色“ダンディ”ディーノ 
vs 
アントーニオ本多○&吉村直巳&赤井沙希
10分50秒 片エビ固め
※ダイビング・フィストドロップ

第四試合 スペシャルタッグマッチ 30分一本勝負
秋山準&○ヨシヒコ 
vs 
HARASHIMA&平田一喜●
10分9秒 輪廻転生

セミファイナル DAMNATION解散試合 30分一本勝負
○佐々木大輔&遠藤哲哉&マッド・ポーリー 
vs 
石川修司&高尾蒼馬&島谷常寛●with火野裕士
15分12秒 ミスティカ式クロス・フェースロック

メインイベント KO-D無差別級選手権試合 60分一本勝負
<王者>○竹下幸之介 vs クリス・ブルックス●<挑戦者>
29分51秒 Plus Ultra
※第77代王者が初防衛に成功。

〈写真提供:DDTプロレスリング〉