DDTプロレスが9月26日、東京・後楽園ホールで「Who's Gonna TOP? 2021」を開催。高木三四郎が勢いに乗るフェロモンズを壊滅させるべく、11月3日、東京・大田区総合体育館で行われるKO-D6人タッグ王座決定戦に名乗りを挙げた。

 この日のオープニングマッチで、フェロモンズの飯野“セクシー”雄貴、今成“ファンタスティック”夢人組が岡田佑介、岡谷英樹組と対戦。飯野がセクシーラリアットで岡谷を料理して、フェロモンズが好調ぶりをアピールした。

 ここで、高木が現れ、「何やっとんじゃ!日曜日のお昼に!YouTubeで全世界に無料配信!1人はパンツだし、もう1人はお尻でOバック!YouTubeのアカウントがバンされたらどうすんだよ!これ以上好きにさせない。これ以上、オマエたちを世界にさらすわけにはいかない。俺と岡田君、誰かもう1人組んで阻止してやる。大田区でのKO-D6人タッグ王座決定戦に名乗り挙げてやる」とアピール。男色“ダンディ”ディーノは「条件がある。もし大田区で我々が勝ったら会社として腹くくれ。フェロモンズを認めろ」と通告。高木は「認める前にオマエたちを大田区で解散させてやる!」と宣言。これにより、11・3大田区でのディーノ、飯野、今成組VS高木、岡田、未定組によるKO-D6人タッグ王座決定戦が決まった。

【大会名】Who's Gonna TOP? 2021
【日時】2021年9月26日(日)
【会場】東京・後楽園ホール
【観衆】713人(超満員札止め)

第一アンダーマッチ〜エキシビションマッチ 5分一本勝負
△高鹿佑也 vs 石田有輝△
時間切れ引き分け

第二アンダーマッチ 15分一本勝負
●青木真也&渡瀬瑞基 
vs 
高木三四郎&堀田祐美子○
7分4秒 エビ固め
※ピラミッド・ドライバー

オープニングマッチ 30分一本勝負
○飯野“セクシー”雄貴&今成“ファンタスティック”夢人 
vs 
岡田佑介&岡谷英樹●
4分40秒 体固め
※セクシーラリアット

第二試合 終末のワルキューレ・コラボマッチ〜神vs人類〜 30分一本勝負
<神軍>○関本“ゼウス”大介&樋口“ベルゼブブ”和貞&納谷“スサノヲノミコト ”幸男&“アポロン”彰人 
vs 
<人類軍>勝俣瞬馬&上野勇希&MAO&中村“アダム”圭吾●withブリュンヒルデ
7分56秒 ぶっこ抜きジャーマン・スープレックス・ホールド

第三試合 高梨将弘DDT復帰戦 30分一本勝負
●高梨将弘&大鷲透&男色“ダンディ”ディーノ 
vs 
アントーニオ本多○&吉村直巳&赤井沙希
10分50秒 片エビ固め
※ダイビング・フィストドロップ

第四試合 スペシャルタッグマッチ 30分一本勝負
秋山準&○ヨシヒコ 
vs 
HARASHIMA&平田一喜●
10分9秒 輪廻転生

セミファイナル DAMNATION解散試合 30分一本勝負
○佐々木大輔&遠藤哲哉&マッド・ポーリー 
vs 
石川修司&高尾蒼馬&島谷常寛●with火野裕士
15分12秒 ミスティカ式クロス・フェースロック

メインイベント KO-D無差別級選手権試合 60分一本勝負
<王者>○竹下幸之介 vs クリス・ブルックス●<挑戦者>
29分51秒 Plus Ultra
※第77代王者が初防衛に成功。

〈写真提供:DDTプロレスリング〉