新日本プロレスは10月14日(木)、山形・山形市総合スポーツセンターで『G1 CLIMAX 31』第16戦を開催。

今大会ではBブロック公式戦(8日目)を含む、全6試合が行われた。

メインでは『G1 CLIMAX 31』公式戦としてオカダ・カズチカ(7勝0敗)とタマ・トンガ(2勝5敗)が対戦。

そして無敗街道を走っているオカダの連勝をついにタマがストップをかけた。

大番狂わせで勝利を奪ったタマはマイクを手に取り「ヤマガター!タマ・トンガだ!今日、この俺がオカダに勝った!今夜はタマ・トンガの新たな幕開けだ!俺が歴史を動かした!」とアピール。

<全試合結果&試合後バックステージコメント全文掲載>

『G1 CLIMAX 31』
日時:2021年10月14日(木) 17:00開場 18:30開始
会場:山形・山形市総合スポーツセンター
観衆:861人

▼第1試合 20分1本勝負
藤田 晃生 ×
大岩 陵平
vs
BUSHI 〇
高橋 ヒロム
7分12秒  逆エビ固め 
    
■試合後バックステージコメント

BUSHI「今日初めて、デビューしたてのヤングライオン、あいつらと試合で絡むことができたよ。まあ、別にやりたかったわけじゃないけどね。どんなもんなのか、見てみたかったよ。今日まで、数えるほどしか(試合)やってないんじゃないの?タッグは……2戦目?まあ、何も感じることはなかったよ、彼らに。ただ、ひとつだけ言うなら、元気はあったね。元気だけは」

ヒロム「(※入れ替わりでコメントスペースに入ってきて)そう、そう、元気、元気、元気だ、元気だ、元気だ。今はいいんだ。今は元気だけでいいんだ。これから先、元気だけじゃ乗り越えられないこともあるけど、今はいいんだ。元気が一番だ。俺は面白かったぞ。それから、(※ジャケットの胸元を広げて、赤く腫れあがった右胸を見せて)俺だって痛ぇんだよ。ああ、ヒロムちゃん、ほんとに、これマジで3日間、俺はチョップ食らい続けてた。俺だって痛いんだよ。これ、あれが出っちゃったよ。“ヒロムちゃんスーパーやせ我慢”が出っちゃったよ。“ヒロムちゃんスーパーやせ我慢”を出させた君たちは、素晴らしいと思うよ。さあ、これで次は、日本武道館だな……。さらに元気がいいところを見してくれよ」

大岩「ああ、クソッ。また一昨日とおんなじだ。ほとんどチョップしか、チョップしか使わずに、ここまで追い込まれるなんて……。チョップひとつで、自分もこうやって追い込めるプロレスラーになりたいと、素直に思いました。ありがとうございました」

藤田「今日も負けてしまったんですけど、1ミリも、1ミリもあきらめてないです。絶対、勝ちます。試合前も、負けることなんて1ミリも考えてないし、昨日の借りを返すことしか考えてなかったです。でも、まだまだ自分の力が足りないです。もっともっとやります。ありがとうございました」

大岩「強くなります。ありがとうございました」
 

▼第2試合 30分1本勝負
『G1 CLIMAX 31』Bブロック公式戦
タイチ ×(2勝6敗=4点)
vs
チェーズ・オーエンズ 〇(2勝6敗=4点)
12分05秒  パッケージドライバー片エビ固め
    
■試合後バックステージコメント

オーエンズ「勝ち点が足りないのはわかってるよ。勝敗は……2勝6敗?2勝5敗?どっちだ?たぶん2勝6敗だろう。あぁ……。でも一つ、誰にも否定できないことがあるぞ。それはチェーズ・オーエンズが2年連続で来年の『G1 CLIMAX 32』にも出場するってことだ!Aブロックの2人のチャンピオン、ヒロシ・タナハシとタイチ。この2人ともチェーズ・オーエンズに敗れた。やっぱり俺は、これからも先も、ずっとこのマットに上がり続けてくぞ」
 
タイチ「(※コメントスペースに入ってくるや、しばらく壁に手をつき背を向けている。振り返るとフロアに腰を落とし、片ヒジをついて横たわる。何度も深呼吸して)フゥフゥ。ああ、苦しい……。(※さらに深呼吸して)フゥ。ああ、苦しい……。俺はよ……、笑っちゃうな。俺、俺、こんなショボかったか?俺、こんな弱かったっけ?ヘッ、まあそうなんだろうな。あんなヤツにもやられて。うぬぼれてたわ、ハッ! 何が横綱だ?序二段からやり直しだ、こんなの。何がタッグ王者同士の決勝だ? ザックは約束守って、あと一個で(優勝決定戦に)行ける。片や俺はどうだ?情けねぇな。ザックのお荷物だな、このままじゃ。もうあと、残り一個。出ても出なくても一緒だろ? もういいか、止めて?もういいか、休んで?もう止めていいか?出たって一緒だろ?何が残ってんだ? 何が残ってんだ、あと!俺には、何が残ってんだ?棚橋……最後、棚橋だろ?何が残ってる?やったとこで。止めたっていいんだぞ。止めるか?(※少し遠くからタイチに寄り添う意用に視線を投げかけているあべみほを見つめながら)こんなブザマな姿見せて、笑いたいか? 笑いたきゃ出てやるよ。笑えよ、好きなだけ。弱いって、情けねえ、ダセェって言えよ、じゃあ、好きなだけ。(※立ち上がって)……俺に足りないものはなんだ?悲しみも苦しみも……棚橋が教えてくれる? ……俺に足りないのは“愛”か?愛が足りねぇのか?なんだよ。もう、俺にはわかんねーよ。何が足りねーか。(※控室に帰りながら)もう、止めたっていいよ、別に……(※タイチの後を追うあべみほの瞳から光るものが流れ落ちる)」


▼第3試合 30分1本勝負
『G1 CLIMAX 31』Bブロック公式戦
後藤 洋央紀 ×(2勝6敗=4点)
vs
SANADA 〇(4勝4敗=8点)
15分32秒  オコーナーブリッジ
   
■試合後バックステージコメント

SANADA「……………………………………(※カメラに向かって無言のまま、親指を上にしたり<サムズアップ>、下にしたり<サムズダウン>、顔をしかめたりして、控室に消えていく)」

後藤「ああ……クッソー。勝てねぇなぁ……。ああ、勝てねぇ……。はぁ……。コンディションは、例年になく、すごくいいのにね。はぁ……。もうラスト1戦。自分を信じるしかねぇな……。俺は、俺を信じる!」


▼第4試合 30分1本勝負
『G1 CLIMAX 31』Bブロック公式戦
棚橋 弘至 〇(4勝4敗=8点)
vs
YOSHI-HASHI ×(2勝6敗=4点)
14分13秒  ハイフライフロー→片エビ固め
    
■試合後バックステージコメント

棚橋「(※右肩にUSのベルトを掛けて)これで、最終戦を残して、4勝4敗。次の日本武道館が、カド番。勝ち越すか、負け越すか。ちなみにタイチは何勝何敗?勝ち越してる?負け越してる?(※負け越していると聞いて)そうか……。やっぱり、ひとつでも勝ち越してね、終わるのは、気分も違うしね。もう、こうね、『G1』の、リーグ戦のね、勝敗にも表れてるように、圧倒的な力で圧倒的に勝つ……っていうのは難しくなってきてる。難しくなってきてるけど、だからね、YOSHI-HASHI、早く、早く来いよ。YOSHI-HASHI、棚橋に早く勝たないと、もう旨味成分全部抜けちゃって、出がらしになっちゃってるから。棚橋が出がらしになる前に、勝つなら速いうちだぞ、YOSHI-HASHI。俺も、いつまでもこの状態でいるつもりはないからさ。『G1』に優勝したい、IWGP(世界ヘビー級のベルト)を巻きたい、USベルトを盛り上げたい。いろんなね、目標があって、それが前に進む力になってるけど、いっちばん、いっちばん大きな目標は、プロレスをね、守りたいんですよ。ありがとうございました」
 
YOSHI-HASHI「(※片ヒザを着いて)もう、何も言うことはないよ。とりあえず俺は、リング上で、俺が今思ってることを、あの人に話したから。とりあえず、もうとっくに公式戦敗退してるけど、でも、俺はこないだ話した通り、1個でも勝ち星を持っていく。1個でも多く勝ち星をかっさらっていかないと、次につながらない。1個でも勝って。まだ『G1』終わってないけど、タッグリーグもあるし、それにつなげるための勝ちを、1個でも俺は拾ってくから……」

 

▼第5試合 30分1本勝負
『G1 CLIMAX 31』Bブロック公式戦
ジェフ・コブ 〇(8勝0敗=16点)
vs
“キング・オブ・ダークネス”EVIL ×(6勝2敗=12点)
16分45秒  ツアー・オブ・ジ・アイランド→片エビ固め
    
■試合後バックステージコメント

コブ「『NJPW WORLD』で見てるお前ら、救世主が現れたぞ!俺がEVILを敗退に追い込んでやったから、もう退会なんて考えなくてもいいぞ。『NJPW WORLD』はこの俺によって救われた!アンチの言うことなんて真に受けるな。記事にしたいなら勝手にしてろ!さて、次なるターゲットは……オカダ……お前、今の状況をちゃんと把握できてるのか?今日、メインでお前が勝っても負けても、お前の公式戦最終日の相手はこの俺だ!今のレインメーカーが俺に勝てる確率はあるのか? 俺がファンだったらあいつには一銭も賭けないな!“ブラウン”のジェフ・コブに賭ければ間違いない!オカダ、ブドーカンで雨は降り止み、レインメーカーは終わる! THE ALOHA MAKER IS HERE! THE UNITED EMPIRE IS HERE! THE HATCHET IS HERE! THE IMPERIAL UNIT IS HERE! THE NEW WAVE OF NEW JAPAN IS HERE!(アロハメーカーはここだ!UNITED EMPIREはここだ!ザ・ハチェットはここだ!THE IMPERIAL UNITはここだ! ニュージャパンに新しい波を巻き起こす!)」

※EVILはノーコメント
 

▼第6試合 30分1本勝負
『G1 CLIMAX 31』Bブロック公式戦
オカダ・カズチカ ×(7勝1敗=14点)
vs
タマ・トンガ ×(3勝5敗=6点)
24分45秒  DSD→片エビ固め
     
■リング上のタマのマイク「ヤマガター!タマ・トンガだ!今日、この俺がオカダに勝った!今夜はタマ・トンガの新たな幕開けだ!俺が歴史を動かした!」
 
■試合後バックステージコメント

タマ「今年の『G1』を通して、俺はすっかり忘れてしまっていた強さを思い出すことができた。そして今日、俺はようやく、自分の本来の強さを取り戻した。俺は最初からずっと、今年の狙いはニュージャパンの鉄壁、“ゴールデンボーイ”だと言い続けてきた。オカダ、俺はその言葉通り、確かに結果を残したぞ。それで、(※カメラに向かって)お前たちは誰の側につくんだ?今夜、タマ・トンガの新たなチャプターが幕を開けた。ここから俺が、ニュージャパンの歴史を書き換えてやるよ」

※オカダはノーコメント

<写真提供:新日本プロレス>