新日本プロレスは20日(水)、東京・日本武道館にて『G1 CLIMAX 31』を開催した。

今大会ではBブロック最終戦が行われ、棚橋弘至(4勝4敗)と腹部にテーピングを巻き満身創痍のタイチ(2勝6敗)が対決。

開始から勝負に出たタイチが開始からバックドロップを見舞い、パンタロンを脱ぎ捨てバズソーキックを繰り出す。そして、ブラックメフィストを狙うもこれはさすがに決まらず。

技を出す度に痛みが走り、苦悶の表情を浮かべるタイチに対して、手を抜かない棚橋はコーナーに逆さ釣りにしたタイチにドロップキックを見舞う。ドラゴンスクリューからテキサスクローバーホールドで締め上げあと一歩まで追い込む。

攻防が続き、棚橋がハイフライアタックで倒すと、フィニッシュのハイフライフローを狙ったがタイチがこれを交わし、すかさずタイチ式外道クラッチで3カウントを奪い勝利した。

悔しさをにじませながら引き上げていった棚橋は4勝5敗でG1を終了。最後に意地を見せてタイチはディーバのあべみほをリングサイドでそっと抱き寄せ、険しい表情を見せながらバックステージへ戻っていった。

G1 CLIMAX 31
日時:2021年10月20日(水) 18:00開始
会場:東京・日本武道館
観衆:2,088人

第3試合 30分1本勝負
『G1 CLIMAX 31』Bブロック公式戦
×棚橋 弘至
vs
〇タイチ
14分58秒  タイチ式外道クラッチ

〈写真提供:新日本プロレス〉