DDTプロレスのシングル最強決定リーグ戦「D王 GRAND PRIX 2021 Ⅱ」が11月3日、東京・大田区総合体育館で開幕。セミファイナルのAブロック公式戦で、上野勇希が前年覇者の秋山準から金星をマークして、好発進した。

 上野は体重80キロで、リーグ戦出場全12選手中、最も軽量で、ほかの選手との体格差が課題とされていたが、それをものともしなかった。
 
連覇を狙う秋山はジャンピング・ニーバット、雪崩式バックドロップなどで攻め立てたが、上野は顔面へのドロップキック、ブリザード・スープレックスなどで応戦。
 
上野のBMEをかわした秋山はエクスプロイダー連発で決めにいくも、上野はドロップキックからWRから繰り出して電撃の3カウントを奪取した。

 上野は「僕が秋山さんから勝つことができる可能性、小さい穴の一つを通すことができました。ほぼ唯一であろう勝ち方で勝つことができました。僕が想像していた勝ち方で勝てたということは、いいリーグ戦になるのではないでしょうか」と笑顔を見せた。

 一方、黒星スタートとなった秋山は「レフェリーが3つ叩いたってことは負けなんだろう。いくら攻めたって、取られれば負けなんだから。明日には切り替えて。(今後は)勝ちを狙いに行くだけ」と、よもやの敗戦に苦虫をかみつぶしていた。

 また、シングル初対決で元ダムネーション同士の一戦となった遠藤哲哉対火野裕士は、遠藤が火野のパワーに苦しみながらも、トーチャーラックボムで初めて投げ捨てることに成功。火野はチョップ連打、ラリアットで追い込むも、遠藤が丸め込んでフォールを奪った。

 遠藤は「例年にも増してきつすぎる。みんなヘビー級じゃないか。ただ、今日勝ったのは俺。結果がすべてだ。ダムネーションが解散して、俺がほしいのは結果。俺がまたDDTのトップに立つ第一歩が今日だ。俺がDDTのトップに立ってないとおもしろくないだろ」とコメント。

 火野は「やってもうた。次誰や? (11・6横浜で秋山だが)秋山準、もう切り替えないとしゃあない。これ絶対取らないとあかんね」と前を向いた。

D王 GRAND PRIX 2021 Ⅱ in Ota-ku
【日時】2021年11月3日(水・祝)
【会場】東京・大田区総合体育館
【観衆】775人

▼第一ダークマッチ 小嶋斗偉復帰戦 15分一本勝負
岡谷英樹&●石田有輝 vs 小嶋斗偉○&高鹿佑也
7分32秒 エビ固め
※フルネルソン・バスター

▼第二ダークマッチ 15分一本勝負
○高尾蒼馬 vs バリヤンアッキ●
5分58秒 公認エンドレスワルツ

▼第三ダークマッチ KO-D8人タッグ選手権試合 30分一本勝負
<王者組>谷津嘉章&彰人&大和ヒロシ&●中村圭吾 vs 大鷲透&アントーニオ本多&平田一喜○&ヨシヒコ<挑戦者組>
12分37秒 合体輪廻転生〜平田とヨシヒコのその先に〜
※チーム・オリンピアンが2度目の防衛に失敗、大鷲組が第6代王者組となる。

▼オープニングマッチ KO-D6人タッグ王座決定戦〜ノーDQマッチ 時間無制限一本勝負
男色“ダンディ”ディーノ&○飯野“セクシー”雄貴&今成”ファンタスティック”夢人 vs 高木三四郎●&青木真也&岡田佑介
11分25秒 体固め
※セクシーラリアット。フェロモンズが第44代王者組となる。

▼第二試合 スペシャルタッグマッチ 30分一本勝負
赤井沙希&○高梨将弘 vs 橋本千紘&納谷幸男●
10分9秒 十字架固め

▼第三試合 30分一本勝負
×佐々木大輔&MJポー vs ボディガー&吉村直巳×
12分28秒 無効試合
※高尾の乱入、ボディガーと吉村の仲間割れで収拾つかず

▼第四試合 スペシャルハードコアタッグマッチ 30分一本勝負
○クリス・ブルックス&ドリュー・パーカー vs 勝俣瞬馬●&MAO
13分0秒 エビ固め
※ババレイ・ダッドリー・パワーボム

▼第五試合 Bブロック公式リーグ戦 30分一本勝負
●HARASHIMA<1戦1敗0点> vs 樋口和貞○<1戦1勝2点>
16分24秒 体固め
※ブレーンクロー・スラム

▼第六試合 Aブロック公式リーグ戦 30分一本勝負
○遠藤哲哉<1戦1勝2点> vs 火野裕士●<1戦1敗0点>
16分34秒 エビ固め

▼セミファイナル Aブロック公式リーグ戦 30分一本勝負
●秋山準<1戦1敗0点> vs 上野勇希○<1戦1勝2点>
9分42秒 片エビ固め
※WR

▼メインイベント Bブロック公式リーグ戦 30分一本勝負
△竹下幸之介<1戦1分1点> vs 岡林裕二△<1戦1分1点>
時間切れ引き分け