新日本プロレスは11月6日(土)、大阪府立体育会館で『POWER STRUGGLE』を開催。

秋のビックマッチとして豪華タイトルマッチが並んだ。

第6試合ではIWGPジュニアヘビー級選手権試合が行われロビーが2度目の防衛に失敗、デスペラードが新チャンピオンとなった。

『POWER STRUGGLE』
■日時:2021年11月6日(土) 15:30開場 17:00開始
■会場:大阪・大阪府立体育会館(エディオンアリーナ大阪)
■観衆:2,367人

<試合結果>

▼第6試合 60分1本勝負
IWGPジュニアヘビー級選手権試合
<第90代チャンピオン>
ロビー・イーグルス ×
vs
<チャレンジャー>
エル・デスペラード 〇
18分20秒  ヌメロ・ドス
※ロビーが2度目の防衛に失敗。デスペラードが新チャンピオンとなる
       

■試合後バックステージコメント

※デスペラードを金丸&DOUKIが祝福。

金丸「(※拍手をしながら)デスペ、おめでとう! さすが!」

デスペラード「そりゃそうだ。なあ? 俺が勝たないと、みんなZIMA飲めないからさ。息できなくなっちゃうからね」

※ZIMAで乾杯したのち、金丸&DOUKIは立ち去る。

デスペラード「あいつとやって、喉も腹の中もカリッカリに渇いちゃってるんで。それでこれ(ZIMA)は効くねぇ(笑)。さてとだ。まあ、俺も兄弟(DOUKI)と叔父貴(金丸)がいるとしゃべりにくいことも実はあったりするんだが…。まあ、いてもしゃべっちゃうのが俺なんだけどな…。まず、ロビー。やっぱつえぇな。動きがいい。技のチョイスもいい。スタミナもある。あと言いたかねぇが顔もいい。なあ!? 何が足んねぇっつったら、重さだろうな。ハッハッ…! 目方の勝利だよ、バカ野郎。ジュニアヘビーは99(kg)までいいんだろう!? 『(BEST OF THE)SUPER Jr.』までにお前らも増量してこい。でだ。言いてぇことはいっぱいあるんだけど、『SUPER Jr.』のことは今度言うわ。もう来週には始まるだろ!? どっかでしゃべる機会あるんだろうな!?(※記者に確認) わかんない。オッケー。じゃあ、ここでしゃべろう。チャンピオンなんで、すべての公式戦でメインイベントを所望いたします。シングルのチャンピオンがシングルのシリーズに出てくる。一応、アナウンスしてなくたって、こっちは全試合タイトルマッチのつもりでやるぜ。まあ、もともとチャンピオンじゃ“もし”なかったとしてもだ。『SUPER Jr.』の公式戦で“抜けた試合”するつもりのヤツが1人でもいてみろ。叩き殺してやる。てか、ジュニアの中で、俺たちはもちろん“これ”(IWGP Jr.ベルト)獲りあってんだ。なあ!? そんなことはわかってんだ。俺だって“これ”がほしくて、今日はあの強くてかわいいロビーとあれだけ闘ったんだよ。いいか…!? ナメた試合すんなよ、お前ら。公式戦に出るヤツらに言ってんだ。ナメた試合をするつもりがねぇのはわかってんだよ。でも、そうじゃねぇんだ。なあ? ちょっと前の俺と一緒で、考え方(が)間違ってるヤツがいっぱいいるんだ。誰とは言わん。心当たりあるだろ!? 何が間違ってんのかわかんないヤツ。間違ってないはずなのに、周りからは叩かれる。なんでだ!? それはお前の認識が間違ってるからだ。『誰かの庇護のもとで俺は言われたことをやったんだ。間違いはねぇはずだ』(と思ってる)。(それは)ちょっと前の俺だぜ? 違うんだよ。言われたことをやるのなんて当たりめぇなんだ。そこから自分で価値をつけ足せ。(※両手でベルトを触り)そしたらこれが見えてくんだよ。な!? “『SUPER Jr.』の決勝の舞台に立つ”とか、“『SUPER Jr.』優勝する”とか、“(東京)ドームでシングル組まれる”とか、そういう付加価値が生まれてくる。自分にだ。俺はずっと間違ってたんだ。それがよ、1個ネジがハマッてみろ? オイ、2〜3年前の俺のことを知ってるヤツは、信じられないと思うぜ。2〜3年前のファン!俺がいまこんなベルト持ってよ、こんな講釈たれるようになると思ってたか!? 誰も思わなかったはずだ。考え方ひとつで変わるんだよ。な!? 『SUPER Jr.』は“対ヘビー”を俺は意識してるから。な!? このあいだヒロムが、“ヘビーとジュニアの差がなんだらかんだら”って言って、ふたつスペシャルなシングルマッチをやったな? それでお説教を受けてたな? あいつはそれでスッキリしたかもしれんが、俺はまだくすぶってるからな。公式戦、全部タイトルマッチ! …のつもりです。だから、(公式戦は)メインで組めよ(※テーブルに残ったZIMAをすべて持ち帰る)」 
  

イーグルス「(※インタビュースペースの床へ横たわり、嗚咽をもらしながら)ウウッ……ウウッ……(※上半身を起こして床へ座り、両手で顔を覆う)ウウッ……地獄を切り抜けるかのような想いでようやく獲ったベルト……でも失った痛みは比べものにならない。とても言葉にならない……(※と言って立ち上がり、力ない足取りで控室へ)」


<写真提供:新日本プロレス>