DDTプロレスが11月6日、神奈川・横浜ラジアントホールで「D王 GRAND PRIX 2021 Ⅱ in Yokohama」を開催。昨年12月27日の東京・後楽園ホールでデビューしたばかりの若手選手の小嶋斗偉がサウナカミーナ入りを果たした。

 かねて、同ユニット入りを希望していた小嶋は同3日、東京・大田区総合体育館での復帰戦(岡谷英樹、石田有輝組VS小嶋、高鹿佑也組)で新人の石田を破り、自力初勝利を挙げた。結果を出したため、同ユニット入りが認められると思っていた小嶋だが、この日、組まれたのはサウナカミーナとのタッグではなく、対戦だった(竹下幸之介、勝俣瞬馬、上野勇希VS高尾蒼馬、小嶋、石田)。

 納得がいかない小嶋は竹下にドロップキックで奇襲をかけた。やられてもやられても、小嶋は必死に食い下がって、勝俣、竹下にチョップ連打。竹下にはフルネルソンバスターを決めるなど奮闘するも、最後は勝俣のととのえスプラッシュを浴びて憤死。

 小嶋は「大田区で勝ったじゃないですか。初勝利したじゃないですか。何で入れてくれないんですか? 僕は入るはずなのに、相手にすらしてくれないじゃないですか」と懇願。

 これに、勝俣が「俺はウエルカムだよ」と言うと、竹下もうなずいた。ところが、上野が「勝ったと言っても、デビューして3、4戦目の石田だろ」と突っ込むと、小嶋は「勝ちは勝ちじゃないですか」と反論。

 上野を張った小嶋は「(ケガで)5ヵ月休んで悔しい思いをして。この全員を倒すくらい強くなります。サウナカミーナに入りたいんです」と熱意を示すと、上野も認めて張り返した。小嶋は「よろしくお願いします!」と叫ぶと、上野、勝俣に続けて張り手をかましたが、竹下は張らずにガッチリ握手を交わした。

 晴れてサウナカミーナ入りが許された小嶋は「サウナカミーナで頑張って、もっと強くなります」とアピールした。

【大会名】D王 GRAND PRIX 2021 Ⅱ in Yokohama
【日時】2021年11月6日(土)
【会場】神奈川・横浜ラジアントホール
【観衆】150人(超満員札止め)

オープニングマッチ 30分一本勝負
彰人&●アントーニオ本多&納谷幸男 vs 平田一喜○&赤井沙希&岡田佑介
10分32秒 奇跡を呼ぶ一発逆転首固め

第二試合 30分一本勝負
竹下幸之介&○勝俣瞬馬&上野勇希 vs 高尾蒼馬&小嶋斗偉●&石田有輝
10分54秒 片エビ固め
※ととのえスプラッシュ

第三試合 30分一本勝負
○佐々木大輔&MJポー vs 岡谷英樹&高鹿佑也●
7分55秒 クロス・フェースロック

第四試合 Bブロック公式リーグ戦 30分一本勝負
●樋口和貞<2戦1勝1敗2点> vs MAO○<1戦1勝2点>
11分12秒 TKO勝ち
※垂直落下式洗濯バサミ→レフェリーストップ

第五試合 Bブロック公式リーグ戦 30分一本勝負
●HARASHIMA<2戦2敗0点> vs クリス・ブルックス○<1戦1勝2点>
15分6秒 サムソンクラッチ

セミファイナル Aブロック公式リーグ戦 30分一本勝負
●吉村直巳<1戦1敗0点> vs ボディガー○<1戦1勝2点>
9分6秒 片エビ固め
※右ハイキック

メインイベント Aブロック公式リーグ戦 30分一本勝負
●秋山準<2戦2敗0点> vs 火野裕士○<2戦1勝1敗2点>
19分44秒 体固め
※Fuckin'BOMB

〈写真提供:DDTプロレス〉