東京女子プロレスが11月25日の東京・後楽園ホール大会に向け、同19日、東京・渋谷区のAbemaTowersで記者会見を開いたが、プリンセスタッグ王座戦(王者・坂崎ユカ、瑞希組VS挑戦者・山下実優、伊藤麻希組)の調印式は山下が暴走し波乱の展開となった。

 この日、坂崎は都合により欠席し、挑戦者組、瑞希の順で調印書にサインを済ませたが、坂崎の欄が空白になっているため瑞希が代筆。これが認められてしまったことで挑戦者の「121000000(ワン・トゥー・ミリオン)は不服を唱えた。

 気を取り直した山下は「マジラビ(マジカルシュガーラビッツ)は、このベルトを獲ってる回数も多いし、最多防衛記録ももってる。私たちにとっては高い壁になると思います。でも今の私たちは(10・9)大田区を経てシングルでも絆は深まってる。先日、取材ではありましたけど、初めて一緒にお出かけしました。ベルトに対する気持ちは負けてないので、しっかり勝っていきたい。個人的には今年のトーナメント(第8回東京プリンセスカップ)で瑞希に負けてるんで、1対1になったときに勝ちにいきたいと思います」と勝利を誓った。

 伊藤は「私も大田区を経て、山下と絆が深まったと思ってるんですけど、マジラビ相手の山下って緊張感が足りない。本当に伊藤麻希とタッグベルトを獲りたいのかって疑問が沸いてきました」と懐疑的な発言。

 すると、山下は「伊藤麻希と出会って、同郷とか年が近いとか当たり前。改めて告白します! 私は世界一、伊藤麻希が大好きです! 同じことを言わせないで。あんまり人前で言うことじゃないよ」と狂乱の公開告白。これに圧倒されたか、伊藤は「分かりました。ということで、絶対にベルトを獲ります」と王座奪取を宣言。

 あっけに取られた瑞希は「今の見て大丈夫かなって思いました。ここの絆はマジラビを超えられないなって思います。個々だと私も伊藤さんに負けてたり、みぃちゃん(山下)の強さも感じてる。一人だときついなって思うけど、タッグマッチでユカっちおるし。そんなヘラヘラした絆に負ける気はせえへん」とキッパリ。

 山下の公開告白について、伊藤が「一緒に闘う意味で好き。東京女子のなかで、一番一緒に闘いやすい。だから好き。別に世界一好きかと言われると、世界一じゃない。一緒に闘うことで生まれる好きみたいな。伊藤はその好きがあれば十分かなと思ってます」と言うと、山下は「愛し方は人それぞれだと思うので、いいのかなと思います」と自身を納得させていた。

「121000000」がベルトを奪取すれば、プリンセス・オブ・プリンセス王者の山下は2冠王になるが、山下は「その気持ちでいますし、そこはシングルのチャンピオンでもあるので闘いのなかでやりたいなと思います。タッグは挑戦者として、その気持ちで挑みます。その結果、勝てば2冠ですし、そうなれば、またいい景色を見られるんじゃないかという楽しみもあります」と2冠獲りをしっかり視野に入れていた。

ALL RISE '21
日時:2021年11月25日(木) 開場18:00 開始19:00
会場:東京・後楽園ホール

■対戦カード
プリンセスタッグ選手権試合
<王者組>坂崎ユカ&瑞希 vs 山下実優&伊藤麻希<挑戦者組>
※第9代王者組の初防衛戦。

インターナショナル・プリンセス選手権試合
<王者>乃蒼ヒカリ vs 渡辺未詩<挑戦者>
※第6代王者4度目の防衛戦。

辰巳リカ vs 荒井優希

中島翔子 vs 天満のどか

ハイパーミサヲ vs 上福ゆき

愛野ユキ&らく&原宿ぽむ vs 角田奈穂&猫はるな&桐生真弥

小橋マリカ&宮本もか vs 鈴芽&遠藤有栖

〈写真提供:東京女子プロレス〉