新日本プロレスは11月21日(日)、愛知県体育館で『WORLD TAG LEAGUE 2021 & BEST OF THE SUPER Jr.28』第7戦を開催。

今大会では『BEST OF THE SUPER Jr.28』の公式戦の4回戦を含む、全7試合が行われた。

メインの公式戦では高橋ヒロム(2勝1敗)とエル・デスペラード(1勝2敗)が対戦。

死力を振り絞ったライバル対決は30分フルタイムドローとなった。

試合後、ヒロムはデスペラードに近寄り「デスペラード、お前、決勝でSHOとやりたいって言ってたよな?あんなヤツ決勝に来たらおしまいだぞ。この俺と決勝だ、オマエも決勝来い!」と挑発。
 
第6試合の公式戦はロビー・イーグルス(1勝2敗)とエル・ファンタズモ(1勝2敗)の元パートナー同士が対戦し、ウラカン・ラナでイーグルスが逆転勝利を収めた。
 
第5試合の公式戦はBUSHI(2勝1敗)とSHO(3勝0敗)が対戦し、SHOがローブローからレンチで殴りつけ、スネークバイトでレフェリーストップで開幕4連勝となった。
 
第4試合の公式戦は田口隆祐(1勝2敗)とYOH(0勝3敗)が対戦し、両者テクニカルな攻防を繰り広げるも最後は田口がどどんで勝利。

YOHは悪夢の開幕4連敗となり、試合後バックステージで田口から「もう“YOH”っていう名前を捨てたらいいんじゃないかな。YOHに縛られてるんじゃないかな?小松洋平でいいんじゃないか」と提案。

※全試合結果&試合後バックステージコメント全文掲載

『WORLD TAG LEAGUE 2021 & BEST OF THE SUPER Jr.28』
日時:2021年11月21日(日) 14:30開場 16:00開始
会場:愛知・愛知県体育館(ドルフィンズアリーナ)
観衆:1,735人

<試合結果>

▼第1試合 10分1本勝負
中島 佑斗 △
vs
大岩 陵平 △
10分00秒  時間切れ引き分け
   
■試合後バックステージコメント

中島「(※腰を押さえ、足を引きずりながら引き揚げてきて)あー、クソッ。あー、クソッ! 前も言ったけど、俺が最初に1勝を挙げる、一番危機感を持っている。俺が一番下から、少しでもまくるためには、その2人から先に(勝利を)取らなきゃならねぇんだ。あぁ、クッソー。こっからまた、次したら、また俺がまくってやるよ、クソッ……。なくられるようになってやる。俺が一番強いヤングライオンなんだ」

大岩「生まれてからずっと、ここ愛知県で、高校までここ愛知県で育ってきて、今回の愛知県体育館の大会に、家族も友達も、クラブチームの先生も、みんな見に来てくれて。なのに、中島先輩と決着つけられなくて、クソーッ!悔しい!また愛知県に戻ってきたら、もっと強くなって、中島先輩なんて5分で勝てるようになってみせます。ありがとうございました」
 

▼第2試合 30分1本勝負
「BEST OF THE SUPER Jr.28」公式戦
金丸 義信 〇(3勝1敗=6点)
vs
DOUKI ×(2勝2敗=4点)
10分35秒  タッチアウト→片エビ固め
    
■試合後バックステージコメント

金丸「オイ、DOUKI、初めて(シングルマッチ)やったけどよ、あんな感じなのか?まぁ、ルチャの動きとしてよ、新日本一だろ。あれにはビックリしたよ。でもな、今の状態だとまだ、俺には追いつかないぞ、オイ。まぁ、でも攻められたね。まぁでもよ、この先、得点どうなってるかわかんねぇけど、俺は優勝狙ってるヤツの足元すくって面白くしてやるから。オイ、で、次は誰だ? 誰だけっけ、後楽園(11.24)? 誰だっけな、オイ? えぇ? YOH? SHO? まぁ、どっちかわかんねぇけどよ、頭使って教えてやるからな、覚えとけよ」

DOUKI「(※崩れ落ちるようにフロアに突っ伏して)クソーッ……クッソー!あぁ!(※上半身を起こし)知っちゃいたけど、うまい。プロレスのやり方がうますぎるよ。クソーッ……この試合始まる前に、俺は『すべてのステータス負けてるけど、2つだけ俺が勝ってるものあがる』と言った。若さ、もう1個はルチャ・リブレの技術だ。クソッ。でも、終わってみたら、全部掌で転がされてるような試合だったな、クソッ。チキショー。ペースがつかめなかった。オジキとの初対決、今日は負けたけど、次はまた違う手を考えてくるよ。クソッ。ほんとにプロレスリングマスターだな。まぁいいや、よかねぇけど……。オイ、俺の次の対戦相手は?オイ、気抜いてんのか?ちゃんと調べてこいよ。あんな、知ってんだよ。エル・マノ、エル・デスペラード。去年、俺、エル・マノに負けた。(※立ち上がりながら)でも今年、エル・マノはIWGPジュニアヘビーウエイトチャンピオンだ。意味合いが去年とは全然違ってくんだよ」
 

▼第3試合 30分1本勝負
「BEST OF THE SUPER Jr.28」公式戦
マスター・ワト ×(1勝3敗=2点)
vs
石森 太二 〇(3勝1敗=6点)
11分21秒  Bone Lock
   
■試合後バックステージコメント

石森「(※片ヒザを着いて)まぁ前よりは、派手な技に頼らずに、考えて動いてるようだし、あいつなりに考えてやってるってことがわかったよ。ウン。ただな、それだったらな、まだまだ、俺の想定の範囲内だ、フヘヘヘ。今年の『SUPER Jr.』に懸けてるなら、あっちやそっちよそ見せずに、一戦一戦、目の前の相手だけに集中しろ。次は?次は、ファンタズモ……ファンタズモだな(※ニヤリと笑みをこぼして)。オイオイ、今年の1.5東京ドームで幻に終わったBULLETジュニアスペシャルマッチが、後楽園(11.24)で実現するぞ。(※立ち上がって)控えめに、控えめに!控えめに言って!すっげぇ試合になるぞ……」

ワト「(※左ヒジを押さえながら引きあげてくる)あぁーーーーーーー!(※片ヒザを着くがすぐに立ち上がって)そうだ、そうだ……。クソッ、あぁ、悔しい。あのさ、一昨日も俺、脚やられて、ギブアップしちまったんだよな。あぁ……ギブアップってさ、スリーカウント取られるよりもさ、精神的にもさ、なんだ……肉体的、体のこともそうだけど、すごくつらいんだよ。ギブアップしたくないんだよ、ほんとは。だってさ、俺さ、この『SUPER Jr.』に懸けてるからさ。なんだっけ、3敗だっけ?もう負けれねぇじゃん。負けれねぇよ。その気持ちは最初っから最後まで変わんないけどさ、ギブアップって、ほんとは言いたくないんだよ。俺がどんだけ『SUPER Jr.』、いや、このジュニアでやっていくって決めたその日から、ジュニア戦士、ジュニア選手全員、ライバル、意識してんだよ。同じメキシコ、海外にいた選手、学んだこと、もしかしたら似てるかもしんない。だからこそ、負けたくない。この『SUPER Jr.』、最後まで絶対あきらめない。俺がジュニアを熱くする。ジュニアを俺が引っ張っていく。そんな未来を俺がつくるから。俺は一つずつ自分の道、新日本の未来をつくるために一歩ずつ歩んでいく。負けたって這い上がればいい。俺はいっつもそれを胸に、このリングで暴れまわってやる……」


▼第4試合 30分1本勝負
「BEST OF THE SUPER Jr.28」公式戦
田口 隆祐 〇(2勝2敗=4点)
vs
YOH ×(0勝4敗=0点)
14分36秒  どどん→片エビ固め
   
■試合後バックステージコメント

田口「(※片ヒザを着いて)いやぁ、でもね、とても3連敗するような、してるようなね、そんなんじゃないですよ、ほんと。3連勝しててもおかしくないですよ、全然。強かったです。まぁそうだね、やって(思ったんだけど)……もう“YOH”っていう名前を捨てたらいいんじゃないかな。YOHに縛られてるんじゃないかな?小松洋平でいいんじゃないか、もう?小松洋平でやった方が、YOHじゃなくて小松洋平として……つくられたYOHじゃなくてね、小松洋平として、小松洋平の色を出していけばいいんじゃない?ウン、そう感じたかなって。いやぁ、厳しいシリーズですね。まだ4試合しか終わってないんで。あと6、7……7試合。ま、とりあえず、ジュニアタッグの挑戦権は得たと思ってますんで、ワトは(石森に)負けてしまいましたけど。ジュニアタッグの挑戦権は得たと思うんで、『SUPER Jr.』優勝して、シングル(のベルト)もね、狙っていきますよ。あといろいろ、(1.4&5東京)ドームが終わった後もいろいろあるみたいですし。新日本プロレスですから……新日本プロレスね……まぁあんまりこういう言葉はチョットね(言いたくないですけど)、生え抜きとして、いろいろなところで試合をする覚悟は(※立ち上がりながら)ありますよ。いつでも……いつ何時、誰の挑戦でも、私は……。こんなあれですけど、生え抜きですから。いつでも、リングに立つ、準備はできてますよ」
 
YOH「(※若手の肩を借りて引き揚げてくる。うつむき加減のまま自身の左胸を指で何度も叩きながらコメントスペースを無言で横切る。控室に運ばれる際に小さな声で)やっぱり。やっぱりな……」
 

▼第5試合 30分1本勝負
「BEST OF THE SUPER Jr.28」公式戦
BUSHI ×(2勝2敗=4点)
vs
SHO 〇(4勝0敗=8点)
12分58秒  レフェリーストップ  

■試合後バックステージコメント

SHO「(※薄ら笑いを浮かべながら、NEVER6人タッグのベルトとレンチを大事そうに胸元で抱きかかえて引き揚げてくる)誰が、どう見ても、100パーセント、いや120パーセント、正々堂々、俺の、無傷の、4連勝だ。最強すぎる。困ったな。あぁ、あぁ、強すぎて困るわ。……もう誰も、俺を、止められな〜い!全勝優勝なんかな、俺にとっちゃ、俺にとっちゃ、レモンを絞るかのようにたやすいことなんだ。……今日これで、あいつも、俺の死体コレクションだ。腐らねぇように、カッチカチに乾燥させて、ペラッペラに削ってやる。……(※レンチを耳に当てて)どうだ、この俺のお気に入りのトーチャーツールは?でもね、まだまだノドが渇いてるみたいなんだ。大丈夫だ。たくさん、このシリーズたくさん、うまい血が吸えるぞ。このシリーズ、この『SUPER Jr.』終わったら、最後に残るのは……死体だけです」
 
BUSHI「(※ノド元をアイスパックで冷やしながら引き揚げてきて)あぁクソッ! なんだよ、オイ。俺はな、凶器なんかに頼らないあいつに、ここでリベンジしたかったよ、クソッ……」
 

▼第6試合 30分1本勝負
「BEST OF THE SUPER Jr.28」公式戦
ロビー・イーグルス 〇(2勝2敗=4点)
vs
エル・ファンタズモ ×(1勝3敗=2点)
19分03秒  ウラカン・ラナ
    
■試合後バックステージコメント

ロビー「(※フロアに座り込んで)立って話したいけど、無理だ……(左)足と肋骨のダメージがひどい。アイツのキックでやられた手も痛い。しかもアイツは最後、首も壊そうとしてきた……。だけど、ついに、スナイパー・オブ・ザ・スカイが最大の敵を撃ち落としたぞ!2年間ずっと、地球の反対側にいる時でさえ、ファンタズモのことが頭にこびりついてた。ああ、1日だってアイツのことを考えない日はなかった。こう言うと、なんか恋物語みたいに聞こえるよな?知り合った当初は意気投合したし、良い友達になれそうだって思った。でも、オマエの本性を知ってそんな期待は一瞬で覆された。覚えてるか、オマエはいつも『死と税金、そしてロビー・イーグルスはファンタズモから逃げられない』って言ってたよな。でも今夜はどうだ?オマエが巻いてたジュニアタッグのベルトは今、オレが持ってるぞ。取り返したいだろうけど、オマエなんか顔じゃない。それから、オレはつい最近までジュニアの2冠王だった。しかもオマエより先にジュニアのシングルのベルトを巻いたから、かなりムカついてただろうな!だから今日も、オレを破壊しようとかかってきた。でもオマエにオレは壊せない!オレは防弾仕様だ!ここまでいろいろあって一度は落ちてしまったが、オレは完全復活した!ゾンビのように何度埋葬されても生き返るぞ!今日のファンタズモからの勝利はトーキョードームでIWGPジュニア王者になった時、そしてコーラクエンでタイガーマスクとIWGPジュニアタッグを獲った時と同じくらい最高の気分だ。この勝利は何にも変え難い!あとはこの『SUPER Jr.』を優勝できればもう言うことなし。それから、YOH、悪いが次はオマエだ」

ファンタズモ「(※足を引きずって引き揚げてきて、コメントスペースにたどり着くなり崩れ落ちる。その後、しばらくして体を反転させて仰向けになる)ノー、ノー、ノー、ノー……ノー、ノー、ノー、ノー!ノー、ノー、ノー、ノー!(※と叫びながら立ち上がるが、足元がふらつく)。ノー、ノー、ノー、ノー! (※ビデオカメラに顔を近づけて)オレ様が負け犬のように見えるか?“オレ様が負け犬に見えるか?”って聞いてんだよ。見えないだろ。そんなわけがない!」
 

▼第7試合 30分1本勝負
「BEST OF THE SUPER Jr.28」公式戦
高橋 ヒロム △(2勝1敗1分=5点)
vs
エル・デスペラード △(1勝2敗1分=3点)
30分00秒  時間切れ引き分け
   
■試合後のリング上

ヒロム「デスペラード、お前、決勝でSHOとやりたいって言ってたよな? あんなヤツ決勝に来たらおしまいだぞ。この俺と決勝だ、オマエも決勝来い!」

ヒロム「オマエとやるのは、スゲー楽しいんだよ!」

デスペラード「俺もだよ、クソ!」
 
■試合後バックステージコメント

ヒロム「(※『フヘヘヘ』と笑いながら引き揚げてきて、フロアに座り込み)ああ!変わったな!変わったな、デスペラード!俺とKUSHIDAで、散々やり合ってた時に、“お前らで盛り上げたジュニアの舞台に俺は乗っかる”、お前はそういう人たちだ。ところが!ジュニア、ジュニアに対する思いだとか、そういうもの、思いっきり世間に、会社にぶつけるようになったな!だから面白ぇんだ!だから今のお前は輝いてんだ!だからチャンピオンなんだ!お前はチャンピオンにふさわしい!素晴らしい!正直!今日、楽しすぎて、この時間が止まらなきゃいい。本気でそう思った!お前がいたら、俺は楽しめる。新日ジュニア、ジュニアのことを思う人間がいればいるほど、俺は輝く。そして、心の底から楽しめる。俺自身が、俺自身が楽しまなきゃ、誰も楽しめないんだ!それから、1.4、1.5、オカダ?鷹木?オスプレイ?メインイベント?偽物のベルト?NOAHと合同興行?対抗戦?そんなもんな、関係ねぇんだよ。俺たちは『SUPER Jr.』しか見えてない。そして『SUPER Jr.』のその先の、ジュニアを盛り上げることしか見えてねぇんだ!俺は宣言するぞ。この『SUPER Jr.』、完全に!すげぇ!メチャクチャ!盛り上げて、優勝してやる! そして、東京ドームのメインイベントに上がるのは、この俺だ!(※立ち上がって)真面目に生きたらバカを見る時代か!? 夢を見ちゃいけない時代か!?それだったらな、なおさら俺が、バカみてぇな夢を!真面目に追いかけて!そして!必ず叶えてやる!」

デスペラード「(※ポツリと漏らすように)あ、痛ぇな、クソ……。勝ちきれん……勝ちきれねぇな、クソッ……。ベルト獲った後に言ったよな?(『BEST OF THE SUPER Jr.』の自分の公式戦)全部メインっていうのを。これで、4つやって、1勝2敗1分。どの口が『すべてがメイン』とか、チャンピオンだとか……自分にビックリだ。クソッ……。今シリーズ……クソッ……勝ててないチャンピオンが、何を偉そうに言ってるのかもしれない(と思ってるかもしれない)けど、申し訳ないけどな、楽しいわ。勝ちきれなくて、このイライラする気持ちも、ヒロムとバカバカやって、あのクソバカタレが、こっちの(大胸筋の)筋が切れるぐらい張ってきても、楽しくてしょうがねぇよ。なあ、つまんねぇことして、他人の足引っ張るとかそういうんじゃなくてさ、あんな感じで正面からぶつかってやってきてくれるヤツがいっぱいいたら!もっと『SUPER Jr.』って盛り上がるんじゃないかな!なあ!『(決勝戦に)いくだろう、いくだろう』って言われる人間が、2人でギャーギャーギャーギャー言ったって、なん〜の景色も変わんねぇんだよ!ああ!何も知らねぇのに、知った口きいて、『顔じゃねぇ』って言ってくるファンとかに!何言われようが、大口叩いてくれよ!ワトでともいいよ!YOHでもいいよ!なあ!楽しんだぜ、プロレスをよ。お前ら楽しんでるか、プロレスを?やりながら。楽しめよ。と……全然勝ち越してないチャンピオンが言ってみたり……。ヒロム、待っててくれよ。俺が(決勝)いって、今年は俺が優勝するよ。(※控室に向かいながら小声で漏らすように)イテテテテテ……」


<写真提供:新日本プロレス>