新日本プロレスは 11月28日(日)、千葉・東金アリーナで『WORLD TAG LEAGUE 2021 & BEST OF THE SUPER Jr.28』第11戦を開催。

今大会は永田裕志による自主興行『BULUE JUSTICE』と銘打ち、『WTL』公式戦の5回戦を含む全7試合が行われた。

メインの公式戦は永田&タイガーマスク組(0勝4敗)と鈴木みのる&TAKAみちのく組(0勝4敗)が対戦。
 
両チーム激しい戦いとなったが最後は“東金の英雄”永田がTAKAにバックドロップホールドで勝利し、待望の公式戦初勝利を飾った。
 
試合を制した永田は試合後、第三世代として同じ時代を共に過ごした天山広吉&小島聡にサプライズで30周年セレモニーを実施し、会場に駆けつけた蝶野正洋もお祝いのメッセージを贈った。
 
試合後マイクを手に取り「来年は永田裕志デビュー30周年となります。その記念大会をまたこの東金アリーナでやりたいと思います。」と宣言。

※全試合結果&試合後バックステージコメント全文掲載

『WORLD TAG LEAGUE 2021 & BEST OF THE SUPER Jr.28』
日時:2021年11月28日(日) 14:30開場 16:00開始
会場:千葉・東金アリーナ 
観衆:1,103人

<試合結果>

▼第1試合 10分1本勝負
中島 佑斗 △
vs
藤田 晃生 △
10分00秒  時間切れ引き分け
   
■試合後バックステージコメント

藤田「リングに上がったら、体重とか年齢とかキャリアとかそんなの関係ないです。ただ、今日も自分が勝てなかったです。そして、もう一つ、ノアとの対抗戦についてです。自分のこの発言がどれだけの責任があって、どれだけ大事なことを言っているかももちろん分かっています。でも、何度でも言います。自分をノアとの対抗戦に出させてください!(深々と礼をしながら)お願いします!ありがとうございました」 

中島「前も言ったけど、俺が最初に1勝をあげるのに一番危機感を覚えてんだ。時間を取り戻すには、あの二人が先に試合経験があって、自分はアイツらに比べたら全然やってなくて、それをまくるには最初に1勝するしかないんだよ。まだシリーズは続いていくけど、絶対俺が最初に獲ってやる。もう時間を巻き戻したりはしたくないんだ。絶対俺が勝ってやる。チクショウ!」

 

▼第2試合 30分1本勝負
『WORLD TAG LEAGUE 2021』公式戦
本間 朋晃 ×
真壁 刀義
(0勝5敗=0点)
vs
小島 聡 〇
天山 広吉
(2勝3敗=4点)
11分39秒  ラリアット→片エビ固め
    
■試合後バックステージコメント

天山「ヨッシャ! これで2勝目かな? やっぱり一つも星を落とせないからね。今日なんか特に真壁と本間、アイツら何回もタッグの頂点を獲ってるし、タッグリーグも制覇してるって聞いてるけど、そんなアイツらに比べたら、オレたちテンコジはどうなの? 何回も何回も獲って、タッグのトーナメント、リーグ戦、全部制覇してんのや。ソイツらに負けてたまるかって。コジとガッチリ組めば真壁も本間も朝飯前でしょう。しっかり勝利を獲れて、このまま突っ走っていきたいね。次は明後日かな? 後楽園。デイ・アフター・トゥモロー! タマ・トンガ、タンガ・ロアよ、アイツらも過去に何度もタッグのベルトを獲って、リーグ戦制覇もしてるかもしれんけど、オレたちに比べたらまだまだヒヨッコや。しっかりとトントントンと白星重ねていきますよ。テンコジ、ここにあり! 健在、しっかり見せるから。オマエら目を離すなって話よ。OK、カモーン!」

小島「天山、小島、略してテンコジとしてそれぞれ過ごした30年、その集大成を今年のタッグリーグで見せるって約束した。その約束に嘘なんかつきたくないぞ。そして今日は東金という永田裕志ゆかりの地で負けたくなかった。その意地だけだよ。オレたちが、少なくともオレを動かしているのは意地だ。最後、30周年と言われる時間の中で意地を最後まで貫き通してやる。プロレスラーとしての意地、小島聡としての意地、全て自分の中で飲み込んでタッグリーグ優勝してやる」

本間「(コメントブースに現れるなり倒れ込み)どうしようもねえよ、クソッ! 5連敗…。もう優勝の望みはねえかもしれない。でも、俺はこのシリーズに懸けてたんだよ。懸けて、この程度なんて思わせねえかんな!」

真壁「(後から入ってきて)オイ、こけし、オレたちこれで終わりか?」

本間「終わらねえ!」

真壁「終わりじゃねえよな?」

本間「終わらねえ! 終わってたまるか!」

真壁「オイ、やってやるぞ、オマエら! 必ず最後獲ってやるよ。残り全部獲ったら文句ねえだろう。やってやるよ、この野郎!」

本間「パートナーの真壁に、オレばっかり負けて申し訳ねえ気持ちしかねえけど、やってやるから。絶対やってやるから!」

 

▼第3試合 30分1本勝負
『WORLD TAG LEAGUE 2021』公式戦
SANADA 〇
内藤 哲也
(5勝0敗=10点)
vs
チェーズ・オーエンズ ×
バッドラック・ファレ
(3勝2敗=6点)
10分22秒  オコーナーブリッジ

■試合後バックステージコメント

内藤「今日の勝利で5連勝。オレとSANADAが目指しているのはただの優勝じゃない。全勝優勝なんでね。全勝優勝に向けて今のところいい感じなんじゃない?次戦は明後日の後楽園ホール大会、オーカーン&ヘナーレ組?オーカーン…いや失礼しました。UNITED EMPIREの広報さん!広報さんは人の靴を舐めるのが好きなんでしょ?舐めさせるのが好きなのかな?それとも自分も舐めるのが好きなのかな?どっちか分からないけどさ、広報さんに勝って是非靴を舐めていただきたいね。でも、オレは自分の靴を舐められるのが好きじゃないからな。そうだなあ?試合がメインイベントだから、レッドシューズ海野レフェリーの靴でも舐めていただこうか。それともちょっと離れたところから、(片目を見開くポーズをして)目を開いて見ておくよ。そんな後楽園ホール大会、え〜と明日、明後日か?ではでは、皆様、次はまた明後日、後楽園ホールでお会いしましょう。アスタ・マルテス!アディオス!」

※SANADAはノーコメント

チェーズ「なんだあれは!」

ファレ「信じ難い!」

チェーズ「カウント2で返しただろ!」

ファレ「さすがに今回ばかりは陰謀は関係ないと思うが、間違いなくあのレフェリーは頭がおかしいぞ!」

チェーズ「てか、アイツ誰だよ? 見たことない顔だ」

ファレ「チクショー! オレもあのチビは今日初めて見た!」

チェーズ「SANADA、いいぜ、得点はくれてやる。だけどな、パラダイスロックでオマエを追い詰め、あとほんの数センチでオレが勝ってたぞ!だけどナイトーの野郎が邪魔しやがった! (内藤の目を見開くポーズを真似る)あれさえなければパラダイスロックでこのオレが勝利を獲ってたのに!クソッ!これからオフィスに行って抗議だ。あのレフェリーをクビにさせる!」

ファレ「オフィスに直行だ!」

 

▼第4試合 30分1本勝負
『WORLD TAG LEAGUE 2021』公式戦
矢野 通 〇
棚橋 弘至
(4勝1敗=8点)
vs
アーロン・ヘナーレ ×
グレート-O-カーン
(3勝2敗=6点)
11分49秒  横入り式エビ固め
    
■試合後バックステージコメント

矢野「(バイクのハンドルを握るジェスチャーをしながら)ヴンヴンンヴンヴンヴン!」

棚橋「(同じくバイクのハンドルを握るジェスチャーをしながら)ブンブンブンブンブン!」

矢野「オイオイオイオイ、よく聞け! オイオイオイオイオイオイ、よく聞け、よく聞け、よく聞け、オイ! (うんこ座りをして)テメエらみたいなな与太郎がな、何人集まっても一緒なんだよ! こういうのを役者が違うって言うんだよ、オイ!」

棚橋「いいこと言うねえ、通は! 通、今日、リングサイドに蝶野先輩がいたぞ」

矢野「蝶野パイセンが!」

棚橋「蝶野パイセンがいた! 気合い入るに決まってんだろ、この野郎!」

矢野「キタキタキタ!」

オーカーン「アッハッハッハ!次だ、次!次はいよいよこのシリーズで一番楽な相手だな。だが、全勝なんだろ、アイツら。いいカモだ。出汁の出るカモにしてやるよ(と言いながら、ズルズルと音を立てて舌舐めずり)。思い出すな。『どんたく』だったか? どれほどUNITED EMPIREがロスインゴを蹂躙したか、忘れた愚民はおるか?おるなら思い出させてやろう。(恍惚の表情を浮かべながら)あああ……楽しみだなあ……!しかも後楽園のメインか。(またも舌舐めずりをしながら)思いついたぞ(ニヤリ)。“余興”を思いついた」

ヘナーレ「(自分の股間を押さえながら)ヤノ!オマエ、あれがどれだけの痛みなのか分からないのか!? 今月はNo Nut November(ノ・ナット・ノベンバー)にチャレンジしてるから特にひどい痛みだった!クソッ!こんなんならタナハシに負けるほうがよっぽどマシだ!だが次のコーラクエンホールでは絶対に同じ結果にはならない!ノー、ノー、ノー、ノー、コーラクエンホールではオレたちUNITED EMPIREが勝利を獲る!でも今はまずアイスで冷やさないと…」



▼第5試合 30分1本勝負
『WORLD TAG LEAGUE 2021』公式戦
YOSHI-HASHI ×
後藤 洋央紀
(3勝2敗=6点)
vs
高橋 裕二郎 〇
 “キング・オブ・ダークネス”EVIL
(2勝3敗=4点)
11分20秒  BIG JUICE→片エビ固め
    
■試合後バックステージコメント

裕二郎「いいか、オイ! この『WORLD TAG LEAGUE』でよ、オレたちが、HOUSE OF TORTUREがナンバー1のタッグティーム(本人発音ママ)だ。YOSHI-HASHI、後藤、オレはよ、子供じゃねえんだよ。ガキじゃねえんだよ。消灯は自分の好きな時間にするよ」
 
EVIL「(東郷を伴って現れ)オイ、いいか? オレらがよ、あんな弱え奴らに負けるわけねえだろう。オレらは本物のプロのレスラーだよ。後藤? YOSHI-HASHI? あんなもんよ、プロのレスラーなんかじゃねえよ。もどきだよ。何回やっても結果は変わんねえんだよ。まあ、でも、それでもまた次、オレらの前に現れるならよ、永遠に眠らせてやるからよ、よく覚えとけ」

※後藤&YOSHI-HASHIはノーコメント



▼第6試合 30分1本勝負
『WORLD TAG LEAGUE 2021』公式戦
ザック・セイバーJr. 〇
タイチ
(4勝1敗=8点)
vs
タンガ・ロア ×
タマ・トンガ
(3勝2敗=6点)
17分41秒  首固め
   
■試合後バックステージコメント

タイチ「大丈夫?」

ザック「(※脇腹を冷やしながら)腎臓が痛い……いや、肝臓かな?」

タイチ「後でオレがチューしてやるから。チューしたら治るよ。すぐキスしてあげるから。ディープなキスしてやるよ、そこに」

ザック「座り心地が良くないな。チョット、チョット、スワッテ。チョットダケネ」

タイチ「7回? 8回? 10回? 20回?」

ザック「今日で巻き返したな」

タイチ「ちょっと情報がなさすぎただけだよ、アイツらの。知らないんだもん、だって。岡と誰? わからないんだもんね。それはちょっと作戦ミスであれは仕方ねぇ。いいや、あんなもの。どうでもいいんだよ。何回やってもG.o.Dとはタフな試合になるのはわかってるよ。だからこうして座っちゃうオレらもいて、仕方ねえんだよ、アイツらとは。何回もやってっけどよ、いつもどうなるかわかんねえんだよ、アイツらとは。キツイよ。だけど、アイツらがタッグの象徴かなんか知らねえけど、そう思われてるんだったら大間違いだ。アイツらもう十分目立ったろ。優勝して何回もベルトを獲って。次はオレらだって言ってんだから、主役は。内藤&sanaやんでもないんだ。G.o.Dでもないんだ。岡でも何でもないんだよ。オレらが主役だって言ってんだろ、このシリーズ。今日だって結果がついてくれば全部だろ? 結果がついてくれば最後まで残るんだろ? これが横綱相撲だよ。オレらの横綱相撲だよ。白鵬が言ってたろ? 横綱相撲とは何だ? 白鵬は言ったよ。若くても、年取っても、優しくても、結果を出さなければ横綱ではないって。だから内容を問わず、結果を出すのが横綱相撲って、必ず勝つのが横綱相撲って、白鵬は言ってたぞ。オレらはその通りやっただけだよ。オレら……オレだけかもしれねえな。ザックはそんな気持ちはいつもオレと違って持ってるから。勝てばいいんだ、最後に。最後にオレたちがウィナーであれば何でもいいんだ」
 
ザック「オレたちチームのケミストリーは最高だからな。もう3回タッグ王座を戴冠してきたのに、これでもまだ足りないっていうのか? オレたちはトイレからこのタッグのベルトを救って今のレベルまで引き上げたんだぞ。でも会社からは、それ相応の扱いを受けてない。VTRにも、ポスターにも、インタビューにもオレたちは取り上げられない。それがチャンピオンのオレたちに対する扱いか!? そしてナイトーを病院送りにしてやったと思ったら、復帰した途端にシューカン・プロ(週刊プロレス)の表紙だと!? アイツが表紙に相応しい顔か? 違うよな! アイツはバカたちに推されてるから特別扱いなんだろ! 会社がオレたちをどう思ってるかはもう重々わかってる。でもここで俺たちが『TAG LEAGUE』を優勝したら何か変わるのか? たぶん何も変わらないだろう。でも会社のヤツらをイラつかせることはできる。どこへ行ってもバカって一定数いるんだよな。みんな海に投げ捨ててやりたいよ」

タイチ「後悔させてやるよ。内藤&SANAやんばっかり取り上げたオマエらをな。優勝してほしいんだろ、アイツらに。優勝させねえぞ」

ザック「ナイトー、次は病院で車イスに乗ったオマエの写真を表紙に使ってもらえるんじゃないか!」

タイチ「オレらにも取材やらせろよ。どこだ? ファイトとゴング、来いよ。受けてやる、いつでも。さあ、帰ろう、こんなクソみてえな田舎。こんな街に来たのが間違いだ。こんなクソタウン、誰のホームタウンなんだ? 来たのが間違いだ。帰るぞ」

ザック「(※タイチの後を追いながら)もう行こう。チバって嫌だ。とっととトーキョーに戻ろうぜ」

タマ「目障りなテッカーズめ!アイツら相手に散々手こずってきた! 今年、2021年のタッグはずっとデンジャラス・テッカーズvs G.o.Dでトップ争いを繰り広げてきた。だが特に重要なのは今だ。なぜなら、このタッグリーグで最強のタッグチームが明らかになる。そんな中でテメエらに負けたままでは納得できない。でもオレたちの実力はこんなもんじゃねえぞ!オレたちはまだまだ終わらねぇ。オマエらが巻いてるそのベルトは、本来オレたちG.o.Dのものだ!『WORLD TAG LEAGUE』の最後の最後、決勝戦で決着をつけてやる」

※タンガはノーコメント

 

▼第7試合 30分1本勝負
『WORLD TAG LEAGUE 2021』公式戦
タイガーマスク
永田 裕志 〇
(1勝4敗=2点)
vs
TAKAみちのく ×
鈴木 みのる
(0勝5敗=0点)
14分46秒  バックドロップホールド
      
■試合後、リング上でマイク

■永田「あらためまして、本日はご来場、誠にありがとうございました!タイガーマスク選手のサポートのおかげで、やっとタッグリーグで勝利を収めることができました!ありがとうございました!本当にコロナ禍で、最近落ち着いてるとはいえ、まだまだ予断を許さない中で、これだけのたくさんのお客さまにご来場いただき、本当に心から感謝申し上げます。ありがとうございました!いつもはですね、ここで締めて、選手みんなでリングの周りを一周して戻るのが恒例だったんですが、感染対策のため、本日はできません。というわけで、ここで新日本プロレス本隊のみなさんにリングに上がってもらいましょう。本隊の選手たち、リングに上がってください!(選手たちが登場すると)というわけで、じつは今年、天山・小島両選手、30周年です。ここで紹介させていただくと共に、ここで簡単なお祝いをさせていただきたいと思います!」
  
■蝶野「テンコジ!いつまでやるんだよ?今回が30周年、ということなんでね。まあ、もうそろそろ先のこと考えて、あと10年くらいで辞めてください(テンコジは苦笑)。あの、二人共一生懸命ね、永田選手も含め、新日本プロレスを引っ張ってきました!身体ボロボロになるまでまだやってますけど、まだまだがんばって、令和の新日本プロレスを一緒に走ってもらいたいので、がんばってください!お疲れさまです。」

■永田「こんな感じで、天山・小島選手の30周年をお祝いさせていただきました。今年、この二人が30周年ということは、来年2022年は永田裕志、デビュー30周年となります。その30周年記念大会を、またこの東金アリーナでやりたいと思います。そのときはみなさま、ぜひご来場ください、よろしくお願いします!ありがとうございます。ということで、今日は多数のご来場、誠にありがとうございました!来年も大盛況の大会ができることを祈念して、みなさん、ご唱和ください!よし、いくぞー!1、2、3、ゼアッ!!」

■試合後バックステージコメント

永田「タイガー、ありがとう」

タイガー「ありがとうございました。やっと1勝が出ました。この永田さんの故郷の東金で1勝が出たことはかなり永田さんにとっても大きいし、ボクたちにとっても大きいです。これでまた明後日の後楽園からしっかりとした戦いをしていきたいなと思っています」

永田「今日は勝ちましたけど、決して楽な戦いじゃなかったんで、危ない場面が何度もありましたけど、でもタイガーのサポートのおかげで勝利を獲ることが出来て本当に良かったです。タイガーのおかげです。本当にどうもありがとう。タッグリーグもこれで勢いをつけて、またドンドン勝っていきたいと思いますんでね。これで流れを一気に変えて後半戦行きたいと思います。以上です。ありがとうございました」
 
TAKA「(床を四つん這いで進みながら)アアーッ!アアーッ!クソーッ!今日だけは、今日だけは落としちゃダメだったのによ。クソーッ!アアーッ!クソーッ!」

鈴木「オイ、永田、どこにいんだ、この野郎!ウンコ臭え東金、こんなところでその気になりやがって!クソど田舎者が!」


<写真提供:新日本プロレス>