日本時間12月25日にクリスマスエディションのスマックダウンが配信され、王者中邑真輔が12人ガントレット戦を制してIC王座挑戦権を奪取したサミ・ゼインと睨み合って火花を散らした。

中邑&リック・ブーグスが観戦する中、IC王座挑戦者決定12人ガントレット戦が行われるとエンジェルがマンスール、エリックをウイングクリッパーで撃破した。その後もシャンキー、アイヴァー、シェイマス、ドリュー・グラック、セザーロと次々にIC王座を狙うスーパースターが登場して熱戦を展開。

終盤にはリコシェがシェイマス、ウンベルト、ジンダー・マハルに華麗な攻撃を繰り出して下したが、最後に登場したサミ・ゼインがリコシェのシューティングスタープレスをヒザで迎撃するとエクスプロイダーからのヘルヴァキックでリコシェを沈めて12人ガントレット戦を制した。

試合後、中邑はIC王座ベルトを掲げながら次期王座挑戦権を奪取したゼインと睨み合いを展開するとNXTデビュー戦の対戦相手でもあるゼインに対して「伝説の中邑真輔 vs. サミ・ゼインの第2ラウンドだ」と自身のツイッターに英語で投稿した。

©2021 WWE, Inc. All Rights Reserved.