DDTプロレスが12月26日、今年最後のビッグマッチ「NEVER MIND 2021 in Yoyogi」を初進出の東京・国立代々木競技場第二体育館で開催。第5試合では、遠藤哲哉が率いる新生バーニング(第4次)が8人タッグ戦でサウナカミーナを破って白星で発進した。

 リーダーの遠藤は参謀役の秋山準、岡田佑介、高鹿佑也を従えて、新テーマ曲、新コスチュームで登場。入場口では秋山が新生バーニングのガウンを遠藤に着せてリングイン。サウナカミーナの勝俣瞬馬、上野勇希、MAO、小嶋斗偉と相対した。

 新生バーニングは初戦とは思えぬ好連係を見せ、サウナカミーナも負けじと応戦。キャリアの浅い小嶋も必死の攻めを見せたが、遠藤に捕獲されると、旋回式トーチャーラックボムからシューティングスター・プレスを食って3カウントを聞いた。

 遠藤は「相手はDDTが誇るタッグチーム。勝ちました。ただ、小嶋から勝った。それじゃ意味がない。サウナカミーナのトップは誰だ? 竹下幸之介、アイツから取れるようにならなきゃ、俺がバーニングを立ち上げた意味がない。今日試合をしてみて、バーニングの可能性を感じることができました」と手応えをつかんだ様子。

 秋山は「遠藤哲哉が立ち上げたバーニング、これからまた違う歴史を紡いでいく。そしてDDTのみならず、プロレス界に名を馳せる。そういうチームで頑張ろう!」と気合を入れた。

【大会名】NEVER MIND 2021 in Yoyogi
【日時】2021年12月26日(日)
【会場】東京・国立代々木競技場 第二体育館
【観衆】1134人(満員)

▼第一ダークマッチ 15分一本勝負
大鷲透&○納谷幸男 vs アントーニオ本多&岡谷英樹●
6分17秒 体固め
※バックドロップ

▼第二ダークマッチ DDTeeeen!!スペシャルシングルマッチ 15分一本勝負
●イルシオン vs ヴァンヴェール・ジャック○
9分8秒 エビ固め
※トラロック

▼第三ダークマッチ ハードコアマッチ 15分一本勝負
○高木三四郎 vs 魔苦・怒鳴門●
7分54秒 体固め
※健太ッキーボム

▼オープニングマッチ 30分一本勝負
高尾蒼馬&○翔太 vs 彰人&石田有輝●
8分35秒 片エビ固め
※フロッグスプラッシュ

▼第二試合 KO-D6人タッグ選手権試合〜ノータッチルール 60分一本勝負
<王者組>男色“ダンディ”ディーノ&○飯野“セクシー”雄貴&今成"ファンタスティック"夢人 vs 青木真也&堀田祐美子&スーパー・ササダンゴ・マシン●<挑戦者組>
9分57秒 フェロトッツォ
※第44代王者組2度目の防衛戦。

▼第三試合 スペシャルシングルマッチ 30分一本勝負
○近藤修司 vs 平田一喜●
9分40秒 片エビ固め
※キングコング・ラリアット

▼第四試合 スペシャル6人タッグマッチ〜坂口征夫復帰戦 30分一本勝負
●坂口征夫&樋口和貞&赤井沙希 vs 鈴木みのる○&クリス・ブルックス&伊藤麻希
20分38秒 体固め
※ゴッチ式パイルドライバー

▼第五試合 BURNINGvsThe37KAMIINA! 30分一本勝負
○遠藤哲哉&秋山準&岡田佑介&高鹿佑也 vs 勝俣瞬馬&上野勇希&MAO&小嶋斗偉●
16分30秒 片エビ固め
※シューティングスター・プレス

▼第六試合 BLACKOUT presents DDT UNIVERSAL選手権試合 60分一本勝負
<王者>○佐々木大輔 vs 高梨将弘●<挑戦者>
17分48秒 足極めクロス・フェースロック
※第5代王者が3度目の防衛に成功。

▼セミファイナル WRESTLE UNIVERSE presents KO-Dタッグ選手権試合 60分一本勝負
<王者組>HARASHIMA&○吉村直巳 vs 火野裕士&ボディガー●<挑戦者組>
18分17秒 片エビ固め
※ラリアット。第71代王者組が初防衛に成功。

▼メインイベント ヤネカベ presents KO-D無差別級選手権試合 60分一本勝負
<王者>○竹下幸之介 vs 岡林裕二●<挑戦者>
37分17秒 Plus Ultra
※第77代王者が2度目の防衛に成功。

<写真提供:DDTプロレスリング>