DDTプロレスが1月7日、東京・新宿FACEで「DDT FREE -January-」を開催。同30日の東京・後楽園ホールで、佐々木大輔が保持するDDT UNIVERSAL王座に挑戦する藤田ミノルが初の前哨戦を制した。

 この日、藤田は高尾蒼馬とのタッグで、佐々木、MJポー組と激突。藤田と佐々木はクロスフェースのかけ合いになるなど過剰に意識。10分過ぎ、佐々木がダイビング・エルボーを狙うも自爆。藤田がポーにラリアットを見舞うと、走り込んできたポーを変型サムソンクラッチで丸め込んで藤田が3カウントを奪取した。

 藤田は「佐々木、テメエと俺の大一番。1月22日、横浜ラジアントホール(前哨戦)が目前に迫ってますが、それまで大丈夫か? 随分具合悪そうだから、うがい、手洗い。食事、睡眠、しっかり摂って、横浜でまた会おう」と余裕のマイク。

 バックステージで佐々木は「あれが藤田ミノルだ。俺が望んだ闘いだ。俺の何個も上を行ってる汚い野郎だ。コンディションがどうとか、たぶんあれはウソだ。アイツは昔より強くなってる。自信なんかない。今日でさらに自信なくなった」と三味線とも思える弱気発言を連発していた。

 1・22横浜で2人は佐々木、ポー組VS藤田、ヤス・ウラノ組のカードで最後の前哨戦を闘う。

【大会名】DDT FREE -January-
【日時】2022年1月7日(金)
【会場】東京・新宿FACE
【観衆】233人(超満員札止め)

▼オープニングマッチ 30分一本勝負
○大鷲透&吉村直巳 vs アントーニオ本多●&MAO
9分55秒 ラ・マヒストラル

▼アイアンマンヘビーメタル級選手権試合
<王者>●大鷲透 vs MAO○<挑戦者>
19時16分 横入り式エビ固め
※大鷲が防衛に失敗、MAOが第1528代王者となる。

▼第二試合 30分一本勝負
男色“ダンディ”ディーノ&×飯野“セクシー”雄貴&今成“ファンタスティック”夢人 vs スーパー・ササダンゴ・マシン×&平田一喜&勝俣瞬馬
12分57秒 無効試合
※フェロモンズの暴走

▼第三試合 30分一本勝負
赤井沙希&○彰人 vs 雪妃真矢&石田有輝●
9分1秒 サソリ固め

▼第四試合 スペシャルシングルマッチ 30分一本勝負
○クリス・ブルックス vs ヨシヒコ●
13分15秒 エビ固め
※プレイングマンティスボム・オン・ザ・テーブル

▼第五試合 30分一本勝負
○HARASHIMA&火野裕士 vs 樋口和貞&岡谷英樹●
12分10秒 体固め
※蒼魔刀

▼セミファイナル スペシャルタッグマッチ 30分一本勝負
佐々木大輔&●MJポー vs 藤田ミノル○&高尾蒼馬
12分24秒 変形サムソンクラッチ

▼メインイベント The37KAMIINAvsBURNING! 30分一本勝負
竹下幸之介&上野勇希&●小嶋斗偉 vs 遠藤哲哉&秋山準&高鹿佑也○
24分12秒 チキンウイング・アームロック

〈写真提供:DDTプロレスリング〉