新日本プロレスは8日、プロレスリング・ノアとの対抗戦『WRESTLE KINGDOM 16 in 横浜アリーナ』を開催。

ダブルメインイベントⅡでは新日本のIWGP世界ヘビーとUS王者タッグのオカダ・カズチカ&棚橋弘至とノアの武藤敬司&清宮海斗が対決。

新日本のオカダと棚橋は4日と5日に王座を獲得し勢いに乗っている。オカダは清宮に「調子にのってんじゃねえぞ!」と言い放つと清宮がより意識して攻める。

「自信はあるよ」と戦前に語っていた武藤も棚橋とドラゴンスクリュー打ち合いやシャシニングウィザードを放つなど奮闘。

しかし、世界ヘビー王座のオカダが強さを見せ、最後は清宮にレインメーカーを炸裂させて勝利した。

清宮は涙を見せながら、武藤に肩を借りてリングを後にしたが大きな拍手が送られた。

勝利したオカダはマイクで「応援ありがとうございます。プロレスっていいですね」そして「プロレスのチカラ」を口にすると最後にファンに感謝をと棚橋の「愛してま〜す!」と「カネの雨が降るぞ〜!」の競演で締めた。

この結果、今回の対抗戦は新日本が6勝4敗1分けで勝ち越しとなった。

『WRESTLE KINGDOM 16 in 横浜アリーナ』
日時:2022年1月8日(土)  17:00試合開始
会場:神奈川・横浜アリーナ

第9試合 ダブルメインイベントⅡ 60分1本勝負
棚橋 弘至
○オカダ・カズチカ
vs
×清宮海斗
武藤 敬司
24分35秒 レインメーカー→片エビ固め