新日本プロレスは4月25日(月) 、広島サンプラザホールにて『ゴールデン・ファイト・シリーズ』を開催。
 
『ゴールデン・ファイト・シリーズ』
日時:2022年4月25日(月) 17:00開場 18:30開始
会場:広島・広島サンプラザホール
観衆:1,118人

メインでは「KOPW 2022」争奪戦が行われ、保持者タイチに鷹木信悟が挑戦。

事前に互いの提案したルールをファン投票にかけた結果、今回はタイチが提案した「30カウントピンフォールマッチ」で勝敗を競う事となった。
 
先に30カウントを奪取した方が勝ちとなるルールはタフな展開となるが、提案者のタイチが序盤は試合を優勢に運んだ。

対する挑戦者の鷹木も丸め込みで追い込みラスト・オブ・ザ・ドラゴンを炸裂。

試合終盤になるとタイチがアックスボンバーでカウント29まで伸ばすも、鷹木がここで耐えきり勝負のラスト・オブ・ザ・ドラゴンを再び炸裂、30カウントを奪取し激闘に終止符を打った。

<試合結果>

▼第7試合 時間無制限1本勝負
「KOPW 2022」争奪戦 「30カウントピンフォールマッチ」
<KOPW 2022保持者>
タイチ ×
vs
<チャレンジャー>
鷹木 信悟 〇
26分20秒  30カウント奪取
※鷹木が『KOPW2022』保持者となる
 
試合後、勝利を収めた鷹木はマイクを手に取り「やる前は俺がしんどい思いさせてやるって言ったけど、終わってみたら俺がメチャクチャしんどいじゃねえか!」と激闘を振り返った。

続けて「鷹木信悟がKOPW、そう思ったヤツいるだろ?そりゃそうだよ、俺自身がいまだに俺がKOPWって思ってるよ。だが、しかし俺は常々言ってきたよな、NEVERのときも、そして昨年新設されたIWGP世界ヘビー級王座のときも、何を持つかじゃない、誰が持つかで価値は変わるんだ!」と力強くアピール。

そして最後に「昨年はIWGP世界ヘビー級王座と共にテッペンまで駆け昇った。今年はこのKOPWをきっかけに再びテッペンに駆け昇るぞ!」とマイクを締め括った。

■試合後バックステージコメント

タイチ「デスペも、ザックもゴメン。ありがとう。ゴメン。何が起きた……ゴメン、みんなゴメン」

デスペラード「凄かったよ」

タイチ「何が起きた……? ゴメン、みんなゴメン。ありがとう。なんで来てるんだ。何が起きた?」

デスペラード「死んだかと思った。凄かったよ」

タイチ「何があった。負けたのか、負けたのか……。いま鷹木の声が聞こえるな? 負けたみたいだな。ハア……。テメーで提案して、テメーのチャンネルの視聴者のアイデア取り入れて、俺らで提案して、自分のルールで負けてざまあねーな。笑えば? 笑えばおまえら? ざまーねーな。……鷹木、オメーやっぱり強ええよ。やっぱり強ええよ。さすがIWGP世界ヘビー巻いた男だよ。お前、強ええよ。けどよ。おまえどうだ? IWGP世界ヘビーでもできない闘いやったんじゃねーか、今日、俺と! どう感じた?世界ヘビーそれだけがすべてじゃねーことわかったか、お前? だから、お前も最後、必死に獲りに来たんだろ? でもな、鷹木、お前は強ええ。めちゃくちゃ強ええよ。でも、忘れんな、先に3カウント獲ったのは俺だ! コレは、忘れんな。通常ルールだったら、俺の勝ちだ。……鷹木、もっとシンドい思いさせてみろ、俺に! 俺が一つステージ変えたろ、KOPW。もう一回、責任取って、俺の前に現れてみたらどうだ、そのトロフィーを持って? もう一回、目の前に現れろ、わかったか?」

鷹木「アイス(氷)、アイスあるかな? え〜……見ての通りだよ?(苦笑)。 シンドい思いしたのは……ま、タイチもシンドかったと思うけど、俺も、シンドかった。カーッ。めちゃくちゃシンドかったよ。なんだ、試合に勝ってるのに、試合の中でなんか2度か3度、負けたような気分だよ。ひさびさだな、こんなに頭をポコポコポコポコ蹴られんのは。目も切れたしな? 昨年、散々IWGPのタイトルマッチやってきたけど、それと比べても今日の試合は、とくにシンドかった……。だから、リング上で言ったとおり、なあ? 何を持つかじゃねえ! 誰が持つかで、価値が変わるってところを見せてやるよ。なんだ、鈴木軍は試合後に来ていたが、L・I・Jのメンバーはどうしたよ? ま、これがアイツららしいと言えばアイツららしいけど。まあでも、間違いなくこの試合内容と結果は、内藤は知ってんだろ? 内藤にはいプレッシャーを与えたと思ってるよ、俺は。内藤がオカダからIWGP世界ヘビー獲ってくれたら、そしたら俺は東スポで言ったとおり、コレ(KOPW)を提案したオカダを引き込むこともできるからな? ま、なんにせよ! なんにせよ、トコトンおもしろくしてやっからな。ああ、いいよ。普段、ビール飲まねえけど、今日は祝杯だ。この広島で!サッポロビール頂きます。(一杯飲んで)ヨーシ。(立ち上がって)ああ〜。ダメだ、酒弱ええからよ、ダメージとアルコールでわけわかんないよ」

<写真提供:新日本プロレス>